スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ル・ジュー・ドゥ・ラシエット(Le jeu de l'assiette) 

メルボルン戦の次の日が結婚記念日(籍は別の日だけど)でした。
一応、関西で過ごそうかと思って色々計画してたんですが
帰りの飛行機やら仕事やらの関係で関東で過ごすことに。
という訳で大阪から戻って疲れた身体に鞭打ってディナー。
(最後は自棄になっていった感ありw)

遅かったので予約の段階でいくつかの店に弾かれたのですが(汗)
今回お邪魔したのは「ル・ジュー・ドゥ・ラシエット(Le jeu de l'assiette)」。

ル・ジュー・ドゥ・ラシエット(Le jeu de l'assiette)【店名】ル・ジュー・ドゥ・ラシエット
【住所】東京都渋谷区恵比寿西2-17-5
     サンビレッジ代官山2F
【電話】03-6415-5100
【営業時間】11:30-13:30(L.O)、18:00-21:00(L.O)
【定休日】月曜日、第3火曜日(6月から)

恵比寿と代官山のちょうど間くらいにある(両方の駅から徒歩5分ちょっと)
開店して1年ちょっとのフレンチのお店です。
使えないグルメガイド「ミシュラン東京版」によると一つ星だそうです。
正直、ミシュランで星が付いていても、東京で食事する分には
「こんなもんか・・・」というのも多いわけで。
(そりゃロオジエ級ともなると別格だけどさー)
・・・まあ、ひとつの目安にはなりますけど。

さてさて、1週間前くらいであっさり予約が取れたので
平日ということもあって空いていると思ったのですが、当日は満席。
6、7テーブルくらいの小さい店舗ですが、席そのものは結構ゆったりしています。
半個室などもあるので、ちょっとした会合にも使えそうです。

内装は決して煌びやかではなく、シンプル。
(ペンダントランプはFLOSだと思う)
接客も付かず離れず、必要にて十分というスタイルで
「さようでございますか」的な接客より個人的には好きですね。
(聞けば色々な話をしてくださいますし)

料理は少量多皿で9皿と12皿のコース。
一皿一皿は少量なのですが、最後の肉料理が結構ガッツリあるので
最終的には満腹になります。
とは言ってもチーズまでしっかり頂きましたが(汗)

マダムビュルゴーのシャラン鴨のロティ 白と赤のソース イベリア種75% イベリコ豚のロティ エピスのソース
写真はその肉料理の鴨(左)とイベリコ豚(右)で嫁とシェアしました。
鴨はクセが無くて食べやすいのですが
個人的には逆にちょっと物足りなかったかな。
(ワイン飲まずによくそんなもの食べれますねと
言われるくらいのゲテモノ食いなのでw)

食材はフォアグラ、キャビア、オマール海老といった
高級食材目白押しではなく(フォアグラの料理はあったけど)
旬の食材をシンプルに独自のアレンジで出すスタイルで
王道コテコテフレンチとはちょっと違うかな。
(創作系って言うの?・・・なんか良い分類があればおせーて)
悪い言い方をすればパンチが弱いんですが
コテコテの濃いフレンチは・・・って方は良いと思います。
あと私にとって重要なのがデザート。
ピスタチオと苺の温かいミルフィーユ
料理が良くてもデザートが「むーん・・・」って店が
意外と多かったりするのですが、最後まで美味しくいただけました。

都内のフレンチ相場を考えるとコストパフォーマンスはまあまあ。
私は下戸ですが、特にワインの価格はかなり抑えられており
ワインスキーにはよりコストパフォーマンスが高いと思います。
高級ミネラルウォーターのChateldon(シャテルドン)
市価と同じ500ml1本1,050円って時点で
飲み物のコストパフォーマンスがわかるかと。
実はChateldonは前々から飲みたかったんでラッキー。
(日本に入ってきたのがここ数年というのもあってあまり置いていない)
高いだけあって、硬水の割にクセのあるミネラル感は全く無く
炭酸のきめも細かく(゚Д゚ )ウマーでした。

トータルで都内のグランメゾンの大体半額くらいでした。
ランチはもっとコストパフォーマンスが高いようなので
ちょっとしたお食事会に使うのも良いんではないでしょうか?
次に行くならジビエの季節が良いかなあ。

FC2ブログランキング
↑応援よろしくお願いします♪(別窓で開きます)
スポンサーサイト
[ 2008/04/29 02:36 ] グルメ/その他 | TB(0) | CM(3)

ピエール・エルメ(PIERRE HERME)のマカロン 

ちょっとドタバタしていてエントリにあげるのを
すっかり忘れてました(汗)
嫁からのバレンタインの頂き物です。
(本人も食べるために各種2個ずつらしいw)

とあるところでマカロンブームだったので
無性に食べたくなり、バレンタインにリクエスト。
んで、セレクトされたのがコレ。
ピエール・エルメ(PIERRE HERME)のマカロン。
このマカロンはバレンタイン仕様で
ショコラベースのマカロンセットだそうです。

マカロン

■フランボワーズ(左の赤と茶)
チョコとフランボワーズのハーフ。
中はチョコとフランボワーズの2層構造で
チョコにもフランボワーズが入っていてプチプチしていてウモー
最初はハーフ?と思ったけど
甘酸っぱさとチョコの苦さのバランスが丁度いい。
多分、全部フランボワーズだと酸っぱ過ぎると思う。

■パッションフルーツ(真ん中の黄色)
パッションフルーツ風味のミルクチョコレートガナッシュ。
パッションフルーツの甘酸っぱさが(゚Д゚ )ウマー

■ショコラ(右の茶色)
普通のショコラのマカロン。
シンプルイズベストな逸品。(゚Д゚ )ウマー

マカロンは軽めのタイプと濃厚なタイプがありますが
個人的には濃厚な方が好きですね。分厚くないとイヤですw
今回の3種類はどれもしっかりとしていて個人的には好み。

折角なんでエルメつながり(たまたまエルメが続いたw)で
昨年のバレンタインで頂いたショコラショーと
クリスマスケーキも意味無く載せておきます。
(写真だけ撮ってエントリーにあげないダメ人間ですorz)
ピエールエルメのショコラショーピエールエルメのクリスマスケーキ

写真は新しいP5100で撮ったマカロンの方が
美味そうに見えるな。。。

FC2ブログランキング
↑応援よろしくお願いします♪(別窓で開きます)
[ 2008/02/24 02:18 ] グルメ/その他 | TB(0) | CM(2)

あつた蓬莱軒(神宮南門店) 

仕事では結構名古屋まで行くのですが
時間の関係もあってなかなか自由が利かないことも多いので
名古屋遠征で、ひつまぶしを考案した老舗の「あつた蓬莱軒」に行ってきました。
(今更とか言うなw)

あつた蓬莱軒(神宮南門店)【店名】あつた蓬莱軒(神宮南門店)
【住所】愛知県名古屋市熱田区神宮2-10-26
【TEL】052-682-5598
【営業時間】11:30-14:30(L.O)、16:30-20:30(L.O)
【定休日】火曜日(祝日は除く)


何でもひつまぶしの発祥はここ蓬莱軒といば昇の二説あるそうですが
商標は蓬莱軒が持っているようです。
(元祖の議論はどこにでもあるのですねw)

熱田神宮からちょっと離れた本店と熱田神宮の隣の神宮南門店
あと栄の松坂屋に入っている松坂屋店の3店舗です。
本来ならば本店に行くところなんですが
神宮南門店の方が空いているだろうと予想し
敢えて神宮南門店に向かいました。が、これが大失敗。
店の前には長蛇の列。ざっと1時間半待ちだそうです。
本店に並んでいると思われているガンバサポに電話しても
「1時間~1時間半みたい」との回答…orz
熱田神宮を見学して待つことにしました。
ひつまぶしのためにひまつぶしw(早野乙)

んで、見学から帰って来て
ちょうど1時間半ちょっとくらいでお店に入れました。
もちろん注文はひつまぶし(2,520円)。
ひつまぶし

お櫃に入っているご飯と鰻は結構ボリューミーw
お約束の食べ方は

1杯目、そのまま鰻とご飯で食べる
2杯目、山椒、ネギ、海苔等の薬味を載せて食べる
3杯目、出汁でお茶漬けにして食べる
4杯目、一番好みの食べ方でもう1杯

ですが、個人的には4杯目の半分を薬味で食べて残りに
出汁をかけて食べる「1粒で2度美味しい」方式が好きです。
(でも、一番好きなのは薬味で食べる2杯目かな?)

鰻はパリっとしてるんですが、フワっと感が少ないような…
個人的にはなんか鰻が薄いような気がしないでもないですw
ひつまぶしってまかない等であまった鰻を
美味しく食べる方法なのかな?と思っていたので
それはそれでアリかもしれませんが…

そんな疑問ですが、某鰻博士(勝手に命名w)によると
関東は1回蒸してから焼くのに対し、関西は蒸さずに焼くので食感が違うそうです。
(関西はご飯に挟んで蒸すため不要だとか(ご参考))
なんで、ここの鰻も蒸さずに焼いているんでしょうね。
ということで食感の違いは調理法によるもののようですが
本当に焼き方の違いだけ?(疑り深いw)
ちなみに味は結構濃い目で私の好みではありました。
(普通にぺロっと食べちゃいましたしw)

ただ観光地化しているので、1時間半も並ぶ大行列(土日だけ?)なので
落ち着かない雰囲気と大量の客を捌かないといけないため
定食屋並みの接客になってしまうというのは
ある程度止むを得ないと言ったところでしょうが
昼から2,500円出すとなるとコストパフォーマンスがいいとは思えないです。

今日、関東でも並ばずに美味しいひつまぶしは食べれるでしょうから
無理に蓬莱軒に行く必要はないかな?と思いつつも
ある種の観光地ですから旅の話のネタに1回くらいは
行っておくのもいいのではないでしょうか?(味はお勧めできますし)

…って、本店だと違う感想になるのかな?

FC2ブログランキング
↑応援よろしくお願いします♪(別窓で開きます)

[ 2007/09/08 22:08 ] グルメ/その他 | TB(0) | CM(4)

モン シュシュの堂島ロール 

こんなクサクサした気分の週末はヤケ食いとフテ寝に限るということで
フロンタ戦の翌日に大阪はモン シュシュの堂島ロール(1,050円)を
ラゾーナ川崎プラザで買ってきました。

結構並んでいるときは並んでいるのですが、私が行ったときは
残り物を並ばずにゲットできましたw

モン シュシュの堂島ロール
写真を見るとわかるのですが
スポンジと生クリームだけの極めてシンプルなロールケーキです。
フワフワの甘過ぎない生クリームに
これまたフワフワのスポンジのバランスが良く
ロールケーキにありがちな「飽き」とか「ダルさ」とかがありません。
まさに「シンプル イズ ベスト」そんな言葉が似合うケーキです。

んな訳で、正直2人で1本は多過ぎかな?と思ったんですが
2回に分けてペロリといってしまいました(汗)

これならラゾーナで一番おいしいと豪語する人がいるのも頷けます。

お値段も手頃でボリュームもありますので
ちょっとした手土産にもお勧めです。

ところでこのお店、大阪では有名なんだろうか?

FC2ブログランキング
↑応援よろしくお願いします♪(別窓で開きます)
[ 2007/08/28 01:38 ] グルメ/その他 | TB(0) | CM(5)

リベルテ ソヴァージュなどなど 

たまにはサッカー以外のネタもということで
クラ選の中日にちょっくら野暮用でグランドハイアット東京に行ってきました。

完全に嫁を放置での外出だったので、お土産にホテルのペストリーブティックで
「パッションフルーツとマンゴーのタルト(530円)」と
「リベルテ ソヴァージュ(790円)」というチョコレートケーキを購入。

本当は「リベルテ ソヴァージュ」だけにしようと思ったのですが
パッションフルーツの種感が気になって思わず、タルトも追加。
(一応、摂生中のはずなので、タルトはひとつだけ…)
パッションフルーツ味のものは結構あるんですが
ちゃんとしたパッションフルーツを使ったものって
なかなかないのでついつい…

パッションフルーツとマンゴーのタルト
こちらパッションフルーツとマンゴーのタルトですが
しっかりとしたタルト生地にマンゴーとパッションフルーツの甘酸っぱさが加わって
食欲が落ちるこの時期でもペロリといけますね。
シンプルながら普通においしくいただけます。

リベルテ ソヴァージュ
んで、もう片方のコパ・リベルタドーレスみたいな名前wの
こちら「リベルテ ソヴァージュ」なんですが
説明のところに「○×◎■優勝ケーキ」と書いてあったので
ここのパティシエの代表作なのかな?というくらいの思いで買ったのですが
このケーキ、無茶苦茶ウマイ!

ここ数年食べたケーキの中で一番ウマイと断言できるくらいの衝撃でした。
こりゃ只者じゃないなと思い調べてみると

グランドハイアット東京(公式)
> 今年1月にフランス・リヨンにて開催された洋菓子の世界大会
> 「第10回クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー 2007」に
> 日本代表として出場し、見事16年ぶりに日本チームを優勝へと導いた
> ペストリー料理長 藤本 智美の優勝作品である
> チョコレートケーキ「リベルテ ソヴァージュ」


「クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー」とは
1989年から2年に1度、フランスのリヨンで開催されている
世界一のパティシエを決める大会だそうです。
(洋菓子会のワールドカップとでも言いましょうか)
その大会に優勝したケーキという名前に負けない味でした。

んで、このケーキの切り口を見てもらえればわかるのですが
・程よく熟成したバナナをつかったクレーム ショコラ オ バナーヌ
・ラム酒でフランベしコクと香りを出したバナナのソテー
・ショコラとヘーゼルナッツのダコワーズ(メレンゲの焼菓子)
・カラメルにクルミを加えたサクサクのヌガー
の5層(って数えると4層じゃないか…多分、ダコワーズが2層あったと思うw)を
カカオ40%と70%のチョコレートに塩を入れてチョコレートの味を引き立てた
ミルクチョコレートとカラメルのムースでまとめ上げているらしい。
(と、まあ前述の公式を見てくださいな)

味は一言で言うと「チョコバナナ」。
基本はショコラとバナナとナッツの味だけなんですよね。
でも、
「なんともサクサク( ´∀`)」
とか
「(゚∀゚)アヒャ!しっとりしてる!」
なんて言って異なる食感と味の変化を楽しんでいると
あっという間にペロリといけちゃいますね。

一般的なケーキと比較すると790円は(少なくとも私にとっては)
高額な部類に入りますが、食べてみれば決して損はしないと思います。
六本木ヒルズに寄った帰りにでもお土産に買ってみてください。

ちなみにホールは5,250円(税込)。
店内(カフェ)で食べると900円だそうです。

FC2ブログランキング
↑応援よろしくお願いします♪(別窓で開きます)
[ 2007/08/09 00:47 ] グルメ/その他 | TB(0) | CM(3)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。