スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

LAST vol.9(MAR.2007) 

毎回購読している数少ない雑誌がコレ、Esquireの臨時増刊号のLAST
ちなみに「LAST」とは靴を成型するときに使う木型のことです。
LAST vol.9

靴ヲタってほどではないんですが、やっぱりドレスシューズが好きなので
ついつい買ってしまうんですよね。
そんな半年に1回発行されるこの本も今回でvol.9。
発刊されて4年経つのか・・・
(何故かvol.1だけ本のサイズが違うw)

表紙のロブパリの靴は、、、、むーん。
私の知っているJohnLobbでなくなってしまったなという感じ。
ロブパリはロブロンドンと比較するとクラシック路線を保ちながらも
エスプリのきいたネオクラシックとでもいうような
デザインというイメージ(よくわからんな)だったんだけど
ちょっと変な方向を向き始めているような・・・
J.M.WESTONを含めフランス靴はどこへ行ってしまうんだろうか。
(ロブパリはノーザンプトン製だけど)

特集は「Re-Classic の可能性。」ということで
New Standardを目指すブランド紹介になっています。
GAZIANO&GIRLINGなどが紹介されているのですが
正直ネタ的に段々厳しくなってきているのかなあという感じ。
この業界自体がそれほど活発に入れ替わりがある訳ではないので
しょうがないかなとは思いますけど。
半年に1回の発刊でネタ不足気味になるですから
月刊ファッション誌(LE○N等)は広告だらけになまうよなあ。
そんな訳で月刊ファッション詩はパラパラ立ち読みはするものの
最近は全く買う気が起きないです。(暇つぶし用に買うことはありますが)

余談ですがGAZIANO&GIRLINGは今年からストラスブルゴが
正規代理店として既製品やパターンオーダーを
取り扱うようなのでそのうち特集が組まれるかもしれませんね。
それはそれでちょっと楽しみです。

FC2ブログランキング
↑応援よろしくお願いします♪(別窓で開きます)
スポンサーサイト
[ 2007/03/31 02:36 ] ファッション/靴 | TB(0) | CM(0)

小瀬リターンズ! 

尾瀬は群馬県ですよ!(あいさつ)

去年はアウェイサポ歓迎ムードでホルホルして
勝ち点を置いてきてしまったけど(初小瀬のエントリー
今年はしっかり勝って、小作(ほうとう屋)の女将や
JR中央本線の車掌さんに「勝ったぜー!」と言うのだ。

ちなみにバレーの甲府退団決まってから
ガンバはオファーを出したんだからねっ。


強 奪 な ん て し て な い よ !!!


…多分。

FC2ブログランキング
↑応援よろしくお願いします♪(別窓で開きます)
[ 2007/03/29 23:58 ] サッカー/ガンバ大阪 | TB(0) | CM(2)

マッチデープログラムの申し込み 

なかなか万博に行けない関東在住サポとしては
ファンクラブ特典でマッチデープログラム(有料)が読めるのは
結構楽しみなんですよね。

で、この間、深夜に申込書を書いてもらっていたら嫁が愕然とした。
いや、別に大したことじゃないんですけどね。
↓注目
MDP申込書


念のため、三省堂「大辞林 第二版」より
こうどく【購読】
> (名)スル
> 書籍や新聞・雑誌など買って読むこと。
> 「雑誌を―する」


こうどく【講読】
> (名)スル
> 書物を読み、その意味・内容を解説したり、論じたりすること。
> 「源氏物語を―する」



どう考えても「購読」だよなあ。
申し込み書の「こうどく」を全部間違えてら…

サポ的には「講読」でもいいけど、ホームページは「購読」に直ってるのねw

FC2ブログランキング
↑応援よろしくお願いします♪(別窓で開きます)
[ 2007/03/28 00:02 ] サッカー/ガンバ大阪 | TB(0) | CM(4)

爆走!ガンババス!!!我らの万博へ 

3日(土)に行われた代表戦の帰りに日産スに横付けされていた
1台の青黒バス(イメージ)があった。
二川と橋本の二人は23日の代表戦終了後、このバスに飛び乗り
翌日のナビスコ杯に出場するために帰阪したと思っていた。




しかし!




G大阪ドロー、今季初失点/ナビスコ杯(ニッカン)
> 後半から右サイドバックに位置を変えた橋本は
> 2失点目につながるクロスを大久保に上げられ
> 「僕の単純なミス」と反省した。体調は万全ではなかった。
> 前日のペルー戦は出場しなかったが、午前0時に横浜の宿舎へ戻って食事。
> この日朝7時に出発し、空路帰阪した。後半からボランチを務めた二川も同じ。
> 睡眠時間は4~5時間程度で「あまり眠れなかった」。
> 代表2人は悪条件下でのフル出場だった。

二川と橋本は私が見た青黒バスで帰って来た訳ではなかったのか…




そもそも「群 馬 ナ ン バ ー」だったしなw

FC2ブログランキング
↑応援よろしくお願いします♪(別窓で開きます)
[ 2007/03/27 01:22 ] サッカー/ガンバ大阪 | TB(0) | CM(4)

ナビスコカップ予選第2節 ガンバ大阪vsヴィッセル神戸(H) 

スカパーはナビスコも全部放送じゃないんでしたっけ?(あいさつ)
まじめなサラリーマン(意味深)な私は今日も大人しくペナコ頼りでした(寂)。

A代表:遠藤、加地、二川、橋本、家長
U-22代表:家長(A代表後合流)
U-20代表:平井、横谷、倉田

と、主力をごっそりと持っていかれたガンバでしたが
二川、橋本は昨日の代表戦に出場しなかったため先発。
純粋なボランチが明神しかいなかったので、橋本先発で
助かったとは言え手放しでは喜べませんが…
(遠藤、加地の2人は先日の出場状況を考慮してベンチ外)

以前から、どういう構成になるのかと話題にはなっていましたが
結局二川、橋本が強行(?)出場となったことで
マグノ、バレー、播戸の3トップに、二川、橋本、明神が中盤を構成し
安田、山口、シジ、青木の4バックで4-2-1-3という
超攻撃フォーメーション(らしい)。

開幕戦のエントリーでも4-3-3は中盤の守備に問題がありそう
と思っていましたが、AOQLO関係者の観戦記を見る限り
やはり中盤の人数が足りていなかった様子。
途中で青木→寺田の交代で、橋本を右SBに下げ
4-1-2-3になったようですが4-2-1-3でも4-1-2-3でも
中盤の枚数と言う意味では効果がなかったみたいです。

この感じだと基本的に面子が揃っている場合は2ラインの
4-4-2が継続となるんでしょうかね?

試合自体は2-0から約1分で2失点で2-2の引き分け。
実は昨日の代表戦で「昨年も押し込まれたときに連続失点する
脆さがあったので、初失点後に動揺して連続失点しないことが大事」
なんて話していたんですが悪い方の予感は的中するもんですな。
ナビスコの予選で引き分けという結果で済んだことを
前向きに捉えて、確実に予選突破していけば良いかと思います。
何よりリーグ戦で同じ失敗を繰り返さないことが大事ですね。

ところで、ペナコ速報の
> 交代出場の寺田がビッグプレー。
> 左サイドを得意のドリブルで駆け上がり相手DFと1対1。
> これをワンステップで右にかわすと豪放ミドルを右隅に突き刺した!!
> 万博もどよめくスーパーゴール。

はどんなプレーだったんですかね?

ウワァァァン ヽ(`Д´)ノ エイゾウミセロヨ!

FC2ブログランキング
↑応援よろしくお願いします♪(別窓で開きます)

キリンチャレンジカップ 日本代表vsペルー代表(H) 

いつもガンバ戦を一緒に観戦してくださる関東の方達と行って来ました。
関東に住んでいながら、実は始めての日本代表観戦だったりします(汗)。
まあ、いろんな意味で新鮮でした。(カルチャーショックとも言うw)

フタと橋本は残念だったけど、また頑張って呼んでもらいましょう。

久しぶりに屋根のある2階席でマッタリ観戦だったので試合がよく見えました。

欧州組嫌いな私でも高原、中村(俊)の内容は納得。
でも、欧州組一辺倒なマスコミは・・・(以下自粛)
オシム爺が好きな訳ではないですが、選考基準に関しては
比較的納得してます。(まあ、ジーコが・・・なだけとも言えるが)

守備面は中盤からきっちりプレスにいって、よかったと思うものの
守備陣(特に浦和勢)はちょっとグダグダな感じ。(ACLでお疲れ?)

浦和でもイマイチ感があるに思える阿部と啓太の組み合わせは
代表でも「???」でした。(相性が悪いのか?)
特にボランチが攻撃に絡むとスムーズな流れが分断されるシーンがチラホラ。
そういう意味でもせっかく呼んだんだからハッシーを使って欲しかったなあ。

最終ラインからのフィードも悪かったですが(風もかなり強かった)
加地さんは・・・まあ悪いときの加地さんでしたね。
前線の巻にキープ力がないからという噂もありますが・・・

逆に中村(憲)はガンバサポの目から見ても良い選手ですね。
中村(俊)と似ているというのは一般的に認知されているようで(笑)


でも何より一番の収穫は



家長初キャップキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!



ってことですわ。
出場時間は短くてそれほどインパクトは出せませんでしたし
アップをサボってたらコーチに煽られてたし(汗)
やっぱり歩いてたし…(大汗)
でも、アキ、水野、藤本の3人が入ってから一気にテンポアップしましたし
代表の空気を感じ取れたことはさすがのアキも刺激になったと信じたいです。

という訳で、これだけでチケット代の元が取れましたよ。

FC2ブログランキング
↑応援よろしくお願いします♪(別窓で開きます)

ナビスコカップ予選第1節 サンフレッチェ広島vsガンバ大阪(A) 

TV放送もなかったんで、大人しくペナコの速報で悶々としてました。
相手は前回と同じサンフレッチェ。
当然、ガンバ対策をしてくるでしょうし、場所もアウェイということで
嫌な相手には違いないんですが今回も3-0で完封勝利って…


にしのんは今日もトランクス洗えないねw


すぽるとのダイジェストで見た感じでは
1点目のフタの豪快ミドルは左足の様子。
いやー、フタの進化は見ていて嬉しいっすね。

チーム全体の出来自体はイマイチだったみたいですが
結果が出ているのは流れがきている証拠。
ここで慢心せずに課題をひとつずつ解決していって欲しいですね。

しかし、ホルホル気分で行かないつもりだった
代表戦のチケットを買ってしまいましたよ(大汗)

家長が追加召集されたので、もしかしたら勝ち組?(笑)

FC2ブログランキング
↑応援よろしくお願いします♪(別窓で開きます)

西野、着る。 

ゼロックスから第3節の広島戦までキックオフのエンドが
いつもと逆(前半にサポータ側に攻める)なことに気が付いているだろうか?

強風の中で行なわれたゼロックスでは
強敵浦和レッズ相手に勢いを出すために
敢えて前半風上となる逆エンドを取ったのだと思われるが
その試合以降、風があってもなくても
逆のエンドからキックオフしている。
無失点、連勝と言う勢いを生かす縁起を担いでいると思われるのだが
これ以外にもうひとつ縁起担ぎがあることを知っているだろうか?

それがタイトルの「西野、着る。」である。
察しのいい方はこれがVISARUNOのキャッチフレーズであることに
気が付かれていると思う。
と言ってもVISARUNOのCMがガンバから移籍した宮本から
西野に変わるわけではない。
それはそれでアリだとは思うけれども。

ガンバのオフィシャルスーツを提供しているVISARUNOは
スーツ一式(スーツ、シャツ、ネクタイ、靴)以外に下着を販売している。
元来シャツは下着であることを考えれば
VISARUNOが下着を作っていてもなんら不思議ではない。
実際、老舗のシャツ屋ではトランクスのオーダーを受け付けているところも多い。
そんなVISARUNOの下着を勝負下着としているのが
日本人最多勝監督、西野朗である。

西野が愛用して止まないトランクスは1796年創業のトーマスメイソン社という
イギリスの高級生地メーカーのものでシャツと同じ生地である。

今年から縁起担ぎでシャツと共布のVISARUNO製トランクスを
必ず着用して毎試合指揮を執っている。
結果はチーム初となる開幕完封3連勝(ゼロックスを入れると完封4連勝)
さすがはガンバ一のダンディ、西野朗。

西野監督愛用のトランクスはこちら(VISARUNO公式)
なかなか素敵なトランクスではないかw

FC2ブログランキング
↑応援よろしくお願いします♪(別窓で開きます)
[ 2007/03/20 12:59 ] サッカー/ガンバ大阪 | TB(0) | CM(10)

第3節 ガンバ大阪vsサンフレッチェ広島(H)  

何とゼロックスから4試合連続完封ですよ、奥さん。
開幕完封3連勝は初らしいですね。

私はDP(通称、国立国会図書館)で、観戦してきやした。
(現地組の方、極寒の中お疲れ様でした)

ここ最近の相性が良いとは言っても好調2トップのサンフレッチェの対戦を
前半戦の天王山と位置付けている人も多ったんですが、結果は3-0の圧勝。

前線からの献身的なプレスに連動した守備で相手の無理したパスは
ガンバのDFに片っ端から引っかかり
広島の狙い(らしい)の大きなサイドチェンジもさせないため
好調2トップにボールすら渡さない。
危ないと思えば、マグノが最終ライン付近に飛んでくる。
(とは言ってもうちの若大将は相変わらずだがw)
こりゃ点を取ったら一気にいくかな?と思った矢先に
遠藤からエロいパスに二川が絶妙トラップし、サイドネットを揺らす。
しかしDPのみなさん、遠藤がパスを出すたびに
「エロい、エロい」言い過ぎだよw

マグノとバレーがきっちりマークされていた中で
2列目が飛び出して点を取れたのは大きい。
昨年まで「2列目の得点力がなぁ・・・」という悩みは
解決されつつあると考えていいのかな?

後半は1,2度サイドを突破されるシーンがあったものの
松代のナイスセーブもあって、基本的には問題なし。
そんななか、遠藤が相手からボールをかっさらって2点目。
バレーが相手を引きずりながら3点目で勝負あり。

ここでマレーシア帰りで疲れの残る(?)家長に代わって
播戸スタイル(半袖に手袋)で前ちゃん投入。
しかしDPのみなさん、前ちゃんがボールに触るたびに
「前ちゃん!前ちゃん!」って心配し過ぎぎだよw

バレーがマグノのパスを受け、ワンツーでスペースに返したが
バレーからそんなプレーが来るとは思わなかったのか
マグノが反応していないシーンでは
「ヤットかフタがパスの出し手ならマグノは走ってたのでは?」なんて
冗談を言えるくらい安心して見てられる状況でした。

でもバレーは技術的にもう少し頑張ってもらわないといけないですね。
バレーがミスったときの、西野監督の( ゚д゚)ポカーンという顔はカワユスw
バレーは年齢的にものびしろがあると思うので
これからの技術力向上に期待したいです。

しかし、カードの出ないクリーンな試合とは言っても
バレーのゴール時の戸田のアームロックは危ねぇよ。
この腕をロックしたままバレーに引き倒されたので
一歩間違えれば脱臼か骨折っすよ・・・
ゴール決まった時はカードを出さないことも結構多いように思えるんですが
サッカーもバスケットカウントみたいにPKを与えてしまえ(無茶苦茶)。


そんな訳で今年のガンバにはオーラすら感じます。
油断は禁物ですが、うちらは物凄いものを目撃しようとしているのかもしれません・・・
12月に笑っているのか泣いているのか、楽しみですわ、グフフ。

FC2ブログランキング
↑応援よろしくお願いします♪(別窓で開きます)

第2節 鹿島アントラーズvsガンバ大阪(A) 

前回に続き、関東サポ中心のバスで鬼門カシマへ乗り込んできました。
(車内写っているのは噂の青黒エナメルバッグ)
カシマへガンババスでGO!

到着時は雨も風も強く、カシマは物凄く寒かった…
試合始まるまでに止んだのは良かった。

ガンバ大阪VS鹿島アントラーズ

で、試合の方は序盤はガンバペース。
去年も序盤のガンバペースだったが結果は散々だったので要注意。
全体的には押してはいたものの、ガンバの左サイドが狙われ
ミチ(安田)本人も15分で完敗というようにかなりやられてた。

なんて思ったら、前半19分に半分抜け出た内田を
ミチが後ろから悪いイメージで内田を引っ張り倒す。
昨年までなら前半という時間も考慮して注意止まりだと思ったんですが
今年は全体的に簡単にカードを切る印象が強く、2枚目のイエローで退場。
うへぇ、きびしぃー。

その後、マグノがかなりきわどく倒されるがノーファール。
をいをい、安田のあれが退場ならこっちも取れよと・・・
(マグノも「PKっぽいのもあった」と言ってるし、やはりきわどいよなあ)
まあ、それは良いとして…

その7分後にファボンが播戸ののどに肘打ちで一発レッド。(ファボンがアボーンw)
播戸のイエローは抗議かな?と思ったんですが播戸の日記を見ると
そうでもないみたい・・・(大汗)

まだ第2節ながら傾向としてはちょっとした抗議や遅延でも
即座にカードが出てきますね、かなり厳しい。
今年から遅延、抗議、肘打ちはかなり厳しく取ると明言していますから
ここはチームとしてきちんと対応していく必要がありそうです。
(それにしても西村は・・・でしたが)

10人対10人になってからは色々な人が書かれているように
3バックで中盤を厚くしたアントラーズと4バックを維持して
中盤を3枚にしたガンバだったが、中盤でうまく展開され危ないシーンが増える。
しかし、松代神が防ぐ防ぐ。

前半は中盤でかなり鹿島にペースを握られていたこともあって
後半頭から播戸→家長。
この主審(西村)でイエローを持った状態というのも
かなり危険という理由もあるかもしれない。

家長は効果的だったと思うんですけど
後半から登場したんだし、(若いんだし、)もう少し走ろうよ…
前半から10人で頑張ってるヤットや加地さんが守備に
全力疾走で戻ってるのにまったり戻るなよぉ。

ボールを持ったときのキープ力やペナルティエリア内の威圧感は
相当のものがあるし、中に絞って左でシュートというのも
惜しいのが2本あったんだけど(2本とも同じコースに外れていった…)
やっぱりあのチンタラ戻るイメージが…もう一皮剥けようぜ!
それでも家長は家長でマグノの決勝ゴールを演出しちゃう訳ですが。

そのマグノのゴールも素人には理解しきれない
凄い切り返しとフェイントが入っているんだよなあ…
大体DF2人完全に崩されてあのシュートですよ。
キーパーがピクリの動いたのはボールがネットに突き刺さってからですよ。

で、鬼門カシマで6年間勝てなかったというジンクスを打ち破った訳ですが
やっぱり簡単には勝たせてもらえなかった。
ただ強豪になるためのひとつの壁を打ち破った達成感はありました。
正直、鹿島@カシマで勝っただけなのにこんなに嬉しいとは思わなかった。

ミチは公言通り坊主になった模様w
結果的には播戸の望み通りになったのかw
リーグ序盤のいうタイミングとチームの勝利という事実だけでなく
ミチの性格的にも大丈夫だとは思うけど、変に萎縮したりせず
これを経験に大きく羽ばたけ。

帰宅後、嫁のお土産に自他共に認める変態サポのM女史から頂いた
鹿せんべいアントラーズサブレをつまみに祝杯をあげましたとさ。

無駄に長いのはいつものことさ(涙)

FC2ブログランキング
↑応援よろしくお願いします♪(別窓で開きます)

ガンバグッズの問い合わせにはご注意を 

ガンバ大阪(公式)の問い合わせページから
グッズについての問い合わせ先のボタンをポチっと押すと
自動でメーラーが立ち上がるんですが
宛先に記載されているメールアドレスは
gambashop@sp.gamba-osaka.net

でもね、このアドレスに送るとfailure noticeで送り返されるんですよ。
よく見るとボタンに書いてあるアドレスと違う…
という訳でこっち↓が正解っす(イヤーブックは正しいアドレスでした)。
gambashop@sf.gamba-osaka.net

こんなところまで超攻撃じゃなくていいから…(使い方が違う)
一応、オフィシャルにメールしましたけど、みなさん気をつけましょうね。

[3/12追記]
さっき確認したところ、こっそり直ってました。


FC2ブログランキング
↑応援よろしくお願いします♪(別窓で開きます)
[ 2007/03/10 18:09 ] サッカー/ガンバ大阪 | TB(0) | CM(3)

第1節 ガンバ大阪vs大宮アルディージャ(H) 

開幕しました2007年度Jリーグ、ちゃんと借した皿を返してもらわんと。
ゼロックスで大勝したからって油断は禁物な訳で西野監督も
あの浦和ならどのチームもいいゲームが出来ただろうしね。
と言ってるし。

で、実際大宮のデキが凄く良かったんですよ。
正直、開幕戦でどのチームもフレッシュなので、大勝は難しいだろうなあと
思ってはいたもののこんなに苦戦するとは思わなかった…
ガンバの前座試合(浦和vs横浜FC)を見た感じでは
浦和より(もちろん横浜FCより)大宮の方が状態は良いと感じました。

高い位置でのプレスも早いし、きっちり数的優位で潰されて
最前線までボールが運べていない時間が長く続いてましたが
ガンバの調子が悪いというよりは大宮の守備が良かったのではと。

あいにく大宮の攻撃がそれほどでもなかったので
(とは言ってもエニウトンがフィットしたら結構怖そうだ)
負ける気はしなかったんですが、こういうゲームを勝ち切れないと
去年の終盤みたいなことになるので、何とかゴールネットを揺らして欲しかった。
まあこのペースでは続かないだろうと思い前半終了。

で、正直後半はバテバテだろうと思ったんですが、予想以上に粘られた感が…
やっぱりシーズン緒戦ということでスタミナも違うんでしょうかね。
去年終盤はちょっと攻撃に色を出して自滅してたイメージがあったのですが
やっぱり大宮は嫌なチームだなあと再認識。
相手のミスもそれなりにあるのでチャンスはあるんですが
なかなかゴールネットは揺らせない。
やっぱりマグノはどフリーだと外すのね…(大汗)

後半20分前後、リーグ前半限定で采配キレキレの西野監督が動く。
播戸→バレー、安田→家長で禁断の4-3-3。
橋本は左SBで遠藤はボランチの位置に下がったのかな?
(もしくは明神のワンボランチ?)
開幕前に西野監督が守備面でリスクが大きいと言っていた(ハズ)だけあって
今まで拾えていたルーズボールが途端に大宮に拾われまくる。
中盤が厚いのがガンバの特長だと思っていましたが
このフォーメーションだと中盤の枚数が厳しいように思えました。
やはりリスクが高い形かも…(戦術理解で守備面は改善できるんだろうか?)

TVで観ててもバレーのシュートはバーを越えて
コロコロと転がるイメージでしたから「良く入れた!」の一言です。
バレーは苦労人だけあって、気持ちのゴールなんでしょうね。
最終的には相手のミスからの得点ですが
あれだけ苦しい試合を勝ち切れたことは大きかったですね。
(そうそう昨年の万博京都戦のアシストも家長でしたね)

そして西野監督150勝おめでとうございます。
今度、EXILE踊ってねw

来週は昨年苦しめられた(1勝2敗1分)鹿島アントラーズ。
もつ煮を食べて、鹿狩りだー!

FC2ブログランキング
↑応援よろしくお願いします♪(別窓で開きます)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。