スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

第7節 ガンバ大阪vsジュビロ磐田(H) 

ちょっとドタバタしていて時間が経ってしまいましたが
一応、磐田戦を振り返り。

国立国会図書館が休館日だったので、こちらのスポーツバーで観戦してきました。

磐田はカレンがシリア帰りということもあって太田がFW登録。
tiuさん曰く4-2-3-1じゃないかな?とのことですが
ドンチャン騒ぎをしてしまったので、ちゃんと見てない(大汗)。
DF陣も田中マコ、茶野さんを怪我で欠場しているため厳しそう。
うちも半野戦病院状態ですし、怪我持ちの加地さんの控えにあたる
青木をベンチに入れないというドS布陣でしたけど・・・
まあ、我等がガンバはそんなことは問答無用で
ここ最近の打っても打っても入らない状況を吹き飛ばす24分で3得点と大爆発。
(川口の良いセーブもあったんですけどねぇ・・・)
守備も藤ヶ谷のビッグセーブがあり、気合を感じる立ち上がりでした。

その後はマグノに取らせてやる感の漂ってましたが
ゴールという点だけを見ると重症かもしれませんね。
(ちょっと集中力を欠いていたように見えたのも気になった)
3-0というセーフティスコアのため、前半の残り15分くらいは
相手に持たせているような展開。
当然、相手は前がかりに来るのでところどころカウンターで
良いシーンがあるんですが、どうもピリっとしない。
そんな感じで前半終了。

後半は3点を追いかける磐田がゴン→村井。
本家のFWを下げたってことは太田のワントップ?(やっぱりちゃんと見てない・・・)
「カレンじゃないのか?」と思ったら
ツレさんが「1点取ってからカレンじゃないかな?」と。
なるほろ、セーフティリードの3点差では疲れの残るカレンは早いってことっすかね。
(で、アジウソンの采配がまさにその通りだったので、さすがだなあと)
でで、後半も前半の流れのまま磐田主導で試合が動く。
ただ、前半と違うのが調子に乗ってきたのか
村井の交代の効果なのか、明らかに勢いが出てきたこと。
こちらは4点目を取れば「終了」だったんですが
3点取って集中力が切れたのか、守備もなんかルーズだし
攻撃も手詰まり感があって、むーんって感じのところで村井のヘッドで3-1。
3点差の余裕から村井の1点目は「復帰のご祝儀w」何て言ってたんですがね。
ツレさんの予想通りカレン登場で、村井の2点目。
典型的な1点返してから一気に勢い増した感じでした。
それにしても敵ながら素晴らしいゴールでしたね。。。

そんなグダグダした感じを払拭するためにマグノ→家長で
4-2-3-1のバレーワントップ?(やっぱり×2ちゃんと見てない・・・)
相変わらず、逆サイドを歩いてたりしてるんですが
家長が入ってまたガンバのリズムが良くなる。
その直後にきっちり橋本の初ゴール。
相手に当たって枠へ行ったのかな?何て冗談言ってましたが
いやー、嬉しかった!!!!これからも取りまくれ!
ハシユニを着ていたので、色んな人に「橋本ありがとう」と
握手を求められましたw

結果的にはこの時点で勝負ありでしたが
最後はフタらしい華麗なちょこんっていうゴール!
(と言ってもGKとDFに詰められている状態で
相手の間を抜いているんだから難しいと思ふ)

最後は寺田を入れて(これまたフォーメーションわからず・・・)
そのまま5-2で試合終了。

ちょっと意外だったのが安田を最後まで引っ張ったということ
どう見ても疲れてたし、ちょとと守備も危なかったので
ここ最近の定石通り安田→家長だと思ったんですけどね。
これも経験を積ませるってことなんでしょうか。

1点差になってスイッチ入って結果、大量得点という
懐かしい感じの「ザ・ガンバ」でした。

FC2ブログランキング
↑応援よろしくお願いします♪(別窓で開きます)

スポンサーサイト

西野監督がCM出演?こ、これは… 

シリア戦を見ていたはずが、起きたらアキがいなくなっていた(あいさつ)

ツレさんのところで今更ながら西野監督がミドリ電化のCM出演を知ったんですが…
ミドリ電化CMにG大阪西野監督登場(日刊スポーツ)
> ビシっと決めたスーツ姿で臨み「試合に勝てよ」「練習しろよ」など
> 数パターンのセリフを収録。

って…これのこと


FC2ブログランキング
↑応援よろしくお願いします♪(別窓で開きます)
[ 2007/04/21 13:15 ] サッカー/ガンバ大阪 | TB(0) | CM(0)

青黒いドラえもんは嫌いですか? 

おとがみさんのSOUL OF MUSICで↓知りました。
★なんと、のび太たちがイメチェン!? 今どきファッションに!★
> のび太たちのファッションが、ちょっぴり今風に変化!!
~中略~
> しずかちゃんは、こだわりを感じさせる女の子らしいファッションに!
> そして、のび太はカラフルなTシャツ姿、ジャイアンは長めの短パンをはいたり…


ということでイメチェンらしいです。
こちらが従来通りのファッション
旧ファッション
まあ、今まで通りの見慣れたドラえもんファミリーですな。

で、どんな感じに変わったかと言うと
新ファッション


うーん、何かが物足りない。





…ちょっと変えてみた。
[ 2007/04/18 01:24 ] サッカー/ガンバ大阪 | TB(0) | CM(5)

聞いてないぞ・・・ 

サッカー日本代表候補合宿、内田と柏木ら4人が初(読売)
> 3月24日のペルー戦の代表との比較では、今野、山岸らが復帰し
> 故障を抱える加地、二川(以上G大阪)らが外れた。


って、おいおい・・・フタはともかく加地さんは聞いてないぞ。
結構最近、接触プレーで痛めるシーンが多くて
気にはしていたんですが、また我慢してやってたのかな?
大丈夫か?

前のエントリーで調子が悪いとは書きつつも
キレキレなプレーで評価されるタイプの選手ではないので
代表"候補"合宿に急に呼ばれなくなるのは
さすがにちょっとおかしいなと思ったら
そういうことだったんですね・・・

とりあえず、加地さんとフタに

つ鶴鶴鶴鶴鶴鶴鶴鶴

FC2ブログランキング
↑応援よろしくお願いします♪(別窓で開きます)
[ 2007/04/16 12:36 ] サッカー/ガンバ大阪 | TB(0) | CM(0)

日本代表発表されたけど… 

加地さんがいない…(JFA公式)

まあここんとこちょっとイマイチ感があったし
代えという意味でも若手も発掘しないといけないでしょうから
あえて外したんでしょうかね?
真相はちょっと気になります。

■GK:
 川口 能活 ジュビロ磐田
*西部 洋平 清水エスパルス
 川島 永嗣 川崎フロンターレ
 林  彰洋 流通経済大学

■DF:
 中澤 佑二 横浜F・マリノス
 坪井 慶介 浦和レッズ
 田中 マルクス 闘莉王  浦和レッズ
 阿部 勇樹 浦和レッズ
 今野 泰幸  FC東京
*内田 篤人 鹿島アントラーズ

■MF:
 橋本 英郎 ガンバ大阪
 羽生 直剛 ジェフユナイテッド千葉
 遠藤 保仁 ガンバ大阪
*森  勇介 川崎フロンターレ
 中村 憲剛 川崎フロンターレ
 鈴木 啓太 浦和レッズ
 駒野 友一 サンフレッチェ広島
 山岸  智 ジェフユナイテッド千葉
*太田 吉彰 ジュビロ磐田
 藤本 淳吾 清水エスパルス
*柏木 陽介 サンフレッチェ広島

■FW:
 播戸 竜二 ガンバ大阪
 巻 誠一郎 ジェフユナイテッド千葉
 佐藤 寿人 サンフレッチェ広島
 矢野 貴章 アルビレックス新潟
*近藤 祐介 ヴィッセル神戸
*=日本代表候補初招集


足を痛めているフタがしょうがないとして(辞退?)
しかし、播戸が選ばれたのはちょっと以外。
優しいオシム爺さんの気遣いか?w
これを機会に一気に爆発しろー!

FC2ブログランキング
↑応援よろしくお願いします♪(別窓で開きます)
[ 2007/04/16 00:29 ] サッカー/ガンバ大阪 | TB(0) | CM(0)

第6節 アルビレックス新潟vsガンバ大阪(A) 

しょうもない同じニュースを1時間ごとに流すなら
もう少し生放送の意味を考えた方がいいんじゃない?(あいさつ)

フテ寝しまくったので、こんなタイミングで更新ですよ。

あー、負けました、負けました。
とりあえず負けたのはN○Kのせいです。ハイ、決まり。

内容は決して悪くなかったですし
決して決定的なシーンが少なかった訳ではないのですが
北野が神降臨中だったとは言っても
シュート19本打って1点じゃ勝てるものも勝てないっすよね。

前半終了間際に追いつかれるのも流れとしていただけない。
何より西野監督も言っています
「また同じことを繰り返した」というのが良くないですよね…

またFW陣の不調がちょっと気になりますね。
中盤が比較的点を取れるようになってはいるものの
FW陣の爆発がないとちょっと物足りないです。

あとは連戦の疲れがかなりあるのかなと。
二川からは結構決定的なパスがあったものの
遠藤からはほとんどなかったような…
それに対して運動量が落ちてきたガンバに対して
アルビレックスはよく走る印象。
同じ厳しい日程をこなしてきたのにあの運動量は凄いなあと。
これが夏場だったらもう少し違う結果になったんでしょうけど。
アルビレックスのスタミナ系のトレーニングは結構キツイって
聞いたような記憶があったんですが、それのお陰なんでしょうかね?

最後の失点シーンはやっぱりシジクレイがいないと
空中戦に威圧感が足りないなあというのが直感です。

しかし、矢野貴章は思っていた以上に良い選手でした。
運動量があって守備もしっかりするし、巻よりも足元がうまい(笑)
コールが「矢野キショイ」って聞こえるなんて馬鹿にしてスマンカッタ。

とにかく全勝優勝するとは思っていなかったですし
ビッグスワンではある程度負けが計算できていたので
想定の範囲内と切り替え、1週間しっかりリフレッシュして
磐田、大分の難敵をきっちり倒して欲しいですね。

FC2ブログランキング
↑応援よろしくお願いします♪(別窓で開きます)

何故万博に屋根がないのか? 

フクアリで屋根という文明の素晴らしさを感じました。
応援の音は響くし、雨にも濡れない。

芝の育成への影響云々はあるけれども
屋根のついているスタジアムがそれなりにあるのだから
万博に屋根がない理由にはならない。
絶対他に理由があるはずだ…

ロジカルに考えてみよう…
[ 2007/04/13 23:47 ] サッカー/ガンバ大阪 | TB(0) | CM(4)

ナビスコカップ予選第4節 ジェフユナイテッド千葉vsガンバ大阪(A)  

平日の試合はGAMBA BIZがイパーイ(あいさつ)
ガンバ大阪VSジェフ千葉(ナビスコ)

現地は雨が降ったり止んだりの状況&玄人認定試合(と言っても7,000人越え)のため
コアサポさん含むゴル裏住民は屋根のある2階席から応援しました。
屋根と言う文明の利器は素晴らしい。

ピッチも見やすいし、やっぱり専用スタは良いわ。
「わざわざ、遠くから来てくれたから、1個サービス!」
とJボールを1カップおまけしてもらいました。神奈川在住でゴメンネ
↓フクアリ名物「Jボール(玉コン+玉子)」
フクアリ名物Jボール


メンバーは公式戦では初の試みとなるバレー、播戸の2トップに
二川、遠藤、橋本、明神の中盤4枚、安田、山口、シジ、加地の4バックと
マグノとバレーを入れ替えた以外は川崎戦と同じ布陣。

グループ2位は4グループのうち勝ち点で上位2チームのみ決勝Tに進めるため
予選突破を考えるとかなり重要なポジションの試合。
チームの調子としてはやや下降気味な上に
前回のホーム万博ではジェフのサイドチェンジにチンチンにされ
そこから1週間後の再戦というどちらかというと厳しい状況、むーん。
前回のエントリで
「フクアリで西野監督がその答えを持ってきてくれることでしょう。」
なんて書いてましたが、本当に答えを持ってきてくれるとは・・・

ジェフの狙いは基本的に前回と同じでガンバが片サイドに寄せたところを
逆サイドに1人フリーな人を置いてそこから展開というパターン。

前回のエントリでは「中盤からしっかりプレス」が基本かな?と思っていましたが
ジェフ相手に運動量で圧倒するのはかなり至難の業ですし
サイドに広がってケアする場合もガンバの守備の前提を崩すのでNG(のはず)。
そこで、ガンバの守備陣の対策は両サイドの加地さんと安田は
基本、片サイドへ寄せつつもポジションを高めに取って
逆サイドに振られた時にインターセプトもしくはしっかりディレイさせられる
かなり気を使った絶妙な位置取りをしていたように見えました。

特に加地さん側はうまくインターセプトしてカウンターという場面も多々あり
気が付けば効果的なサイドチェンジはほとんどさせてなかったと思います。
安田側もインターセプト自体は少ないもののサイドに振られても
きっちりディレイできているので前回のような
「逆サイドに展開→バイタルエリアまで一気に侵入」という危険なシーンは皆無。

中盤でボールを失っても、明神、橋本のボランチがきっちり効いており
真ん中できっちり取り返せていたので
攻守の激しい切り替えはあるものの
こちらのピンチはほとんどなかったです。

守備に関してはほぼ満点じゃないかと、ワンダホー。

試合開始10分くらいまでは、前回の勢いそのままにややジェフペースでしたが
サイドチェンジ対策が効き始めた開始10分以降は
基本的にガンバペースで進んでいきます。
ただ、二川、遠藤はゼロックスあたりのコンディションと比べると
ここ数試合同様、ちょっと物足りない感じ。
前線の播戸、バレーも攻撃面ではもうひと頑張りという感じも同じです。

ただ、今日はミドルが比較的当たっていたようで
中盤は安田のミドル、二川(?)のミドルと良い感じに枠に飛んでました。
とは言っても、2本ともGK岡本に弾かれたんですが。
(余談ですがジェフの岡本って危なっかしいイメージが強いんですが
立石じゃ駄目なんですかね?)

とまあ、そんな感じで内容はいいものの最後まで押し込めずに前半終了。
怖いのは天皇杯決勝のような一発だけという感じでした。

んで、後半から播戸に代えてマグノ。
マグノが入ってから前線で落ち着く分、チャンスが増えたように見えましたが
決定的チャンスを外すのはここ数試合と同じ傾向(大汗)。
多少は上を向いてきたかな?という感じはありますけど。

オフィシャル速報を見ていた方は「二川のミドルか!」って
思ったかもしれませんが、後半7分のゴールシーンは
フタがニアに走りこんだマグノに合わせたんですが届かず
「あぁ~」と思ったらマグノに釣られたGK岡本の横を
転々とボールが転がって入りましたw

ゴールを決めたフタは家長と交代。
今日は家長がキレキレでした。
運動量も豊富だし、仕掛けも早い・・・代表休暇フラグが立つと違うなあ(笑)
途中、ハーフウェイラインから安田と家長のワンツーで
シュートまで持っていったシーンは
「こいつら翼くんと岬くんか!?」と思いましたよ。(入らなかったけど)

後半20分過ぎに加地と交錯したシジが足を痛め、シジ→實好。
最初は中澤かと思ったんですが、伝令ミスだったそうで・・・ドンマイ。
予定外の交代で少々ドタバタするもののそこはベテラン
きっちりと仕事をして試合を落ち着けてくれます。

後半35分過ぎ辺りからはボールを回して危なげなく時間を使っていきます。
元々パス回しに長けているガンバですから、全く取られない。
最終ラインから相手のバイタルエリアまでピッチをぐるーっと一周して
松代に戻ってくるようなパス回しまで披露w
で、結局そのままタイムアップ。

試合後、ゴル裏の声援に応える西野監督、ステキングw

ゴールに物足りなさを感じつつも貴重な勝ち点3をゲットですよ。
シジの怪我だけは心配でしたが、捻挫で全治2週間の模様。
思ったより軽くて安心しました。

帰りの電車で「痛みわけって感じですね」と、ジェフサポさんと談笑。
正面の席でも知らないガンバサポとジェフサポが仲良く談笑・・・
何かジェフサポとガンバサポって仲が良い気がするんですが気のせい?
そんな感じで「国立でまた会いましょう!」
と固い握手をして帰りました。

P.S
はにゅーは怪我のため、代わりに水野だったようです。
だから左サイドでも時々見かけたのかw

FC2ブログランキング
↑応援よろしくお願いします♪(別窓で開きます)

サッカー ジャナイヨ プロレス ダヨ 

アマゾン出身のマギヌン選手(特技:低空ドロップキック)が所属する
川崎ファイトクラブですが、マギヌン以外にもこんなプロレス選手が・・・

まずはこちらの写真を見てください…

腕が3本!
よく見ると腕が3本生えているのがリアルで怖いw

写真のタイトルは「二川選手(G大阪)をボディスラムで投げる悪魔超人」。
どう見ても二川孝広(青黒)vsアシュラマン(白)です。

今度は是非阿修羅バスターとかやって欲しいですね。
ただしガ ン バ 以 外 の 試 合 で な !

FC2ブログランキング
↑応援よろしくお願いします♪(別窓で開きます)
[ 2007/04/10 22:04 ] サッカー/ガンバ大阪 | TB(0) | CM(2)

第5節 ガンバ大阪vs川崎フロンターレ(H) 

この日も(俗称)国会図書館で関東サポと観戦しました。
↓ナビ杯で万博行ったときの写真を有効活用w
ガンバVSフロンターレ

西野監督の誕生日+雨フラグと不吉な予感…

この日はボランチに橋本と温存していた明神がスタメン復帰し
2列目が二川と遠藤という見慣れた4-4-2の布陣。
2トップは播戸とバレーを入れ替え
ここんとこ連戦でお疲れ気味の家長はベンチスタート。

ずっと川崎戦は打ち合いが多い(去年の万博での川崎はサンドバックだったがなw)ので
楽しみではあるのだけれども、去年のDQNマギヌンのドロップキックの
イメージが強いので、正直怪我するなよ…という心配も大きかったです。
噂によるとG-Visionの煽り映像はDQNマギヌンの
ドロップキックからはじまったとか。
とにかく偽青黒(というか水黒)には負けられないということでキックオフ。

前半13分、ディフェンスでこぼれたボールが谷口の足元に転がり
ミドルレンジから綺麗なループで先制される。
崩されての失点でないのと時間も早いことから
まだまだいけるという感じ。
途中、マグノが同点ゴールを叩き込んだと思ったら
キーパーチャージでノーゴール…ま た 審 判 か !
しかし、そのときの万博のブーイングの一体感といったら(笑)

で、前半38分、明神の2人股抜きミドルで同点!!!
こっから超攻撃が始まるぜ!
と思った矢先の前半41分に
中村のループパスを走りこんだDQNマギヌンが
松代よりも先に触りワンタッチでゴールに流し込む。
やっぱり中村は怖いなと思うと同時に
あのDQNマギヌンのダンスには殺意を覚えた…

この後、ガンバの猛攻が始まるのだけれども
思い返せば、この2失点目が良くなかった。
打ち合いではガンバが有利と判断したのか
川崎は浦和を彷彿させる引きこもりサッカーを展開。
前線にジュニーニョとDQNマギヌンを残し、残りはドン引き。
フォーメーションはぱっと見、5バック…スペースがまったく無い。
守備を謳うチームに引きこもられるのはしょうがないとしても
攻撃を謳うチームに引きこもられると気分が悪い。(勝手な都合)
まあ、ジュニーニョにシジクレイがやられていたので
ある意味作戦は成功ではあったのでしょうけれど。
(実際、松代のスーパーセーブで助けられたシーンもあったし)

後半83分に智のヘッド。久しぶりのエロいホットラインで同点!
同点になればスペースが出来るので断然ガンバペース。
その後、川崎のFKで松代の周りが真っ白(川崎ユニ)という
笑えるシーンもあったりしたものの、押し込みきれずにタイムアップ。
しかし終了間際のバレー(?)のシュートはダイレクトで打って欲しかったなあ…

やはり以前から引きこもりサッカーに対しての崩し方は課題であったものの
引きこもられてガンバが得点できない時間が長かったのが
今回の結果なのかなと思います。
今後は特に下位チームに対してまず先制されない
というのが大事になるでしょうね。

正直、勝ち切れなかった引き分けというのが率直な感想ですが
中2日のガンバと中6日のフロンタと考えれば、まあOKとしましょう。

帰りにクサクサと四ツ谷のわかばでたい焼きを食べて帰りました。

FC2ブログランキング
↑応援よろしくお願いします♪(別窓で開きます)

ナビスコカップ予選第3節 ガンバ大阪vsジェフユナイテッド千葉(H) 

バキュームカードがなかったので、名古屋から東京に帰れませんでした(あいさつ)

という訳で、何故か大阪にいた、関東在住の私。
しかし、気温も試合内容も寒かったー(涙)

実は今年初の万博でしたので
新しい選手コールや新アシスタントの堀あかりタソ
とちょっと賞味期限が切れ気味の感動がありました(笑)
そして、万博で流れている噂のナビスコ決勝のVTRは
感動モノなんだけれども、アウェイ側で見ていたジェフサポにとっても
感動映像なんだろうなー。

ゴル裏自体は人数少ないながらも雰囲気は良かったような気がします。
そういえば、ピッチ周りのトラックにスピーカーが配置されたんですね。

試合はナビスコモードの強い方のジェフ。
てか、リーグ戦でもあれ位やればいいのに(大きなお世話)
相手の決定力にも助けられ0-1ながら内容は完敗でした。
万博で負けたのは昨年のナビスコ杯準々決勝の鹿島戦以来ですので
結構、万博参戦メインの人は久しぶりの敗戦にショックを受けていたみたいですが
関東サポとしては見慣れてるんで問題無しw

ジェフは3-6-1という巻のワントップで
巻のワントップってどうなの?と思ったんですが
ガンバの核である中盤を制圧するという意味では
巻のワントップではなく中盤6枚いたのが
効果的だったのかなあと思いました。

この時期のジェフにありがちな豊富な運動量で徹底的にマンマークされ
かなりパス回しが厳しそうでした。(それでもガンバは回せるんですけどね)
この日のバレーのポストプレーは酷かった・・・
ロングボールを入れても、競い負けるところか
ボールの落下点にちゃんと入れていないので
「ピヨーン」って跳ねると頭上1mくらいのところをスルー(大汗)

で、ジェフはサイドチェンジ(特に安田側)を
かなり徹底していたように思えます。
執拗なマンマークからうまく引っ掛けてボール奪取後は
必ず逆サイドに一人展開し、サイドへというパターンも多かったです。
AOQLOの方々が書かれている今年のガンバの守備の傾向である
片サイドに寄せた場合も仲間外れと言うか
ポツーンと放置プレイのように必ず逆サイドに一人残り
逆サイドへ展開して・・・というパターン。

中盤でプレスが効いていれば簡単には
サイドチェンジされないんでしょうが
明神不在からか守備自体もチグハグで今までのように
綺麗な守備隊形を整えられてなかったです。

ここら辺の課題や対策はよくわかりませんが
フクアリで西野監督がその答えを持ってきてくれることでしょう。
ま、その前に川崎戦ですけどね。

FC2ブログランキング
↑応援よろしくお願いします♪(別窓で開きます)

甲府戦で新曲のお披露目が! 

どのタイミングでどんな感じに歌うのかはわかりませんが
ちょこっと試合前に練習してましたので、一応歌詞だけ紹介。

「オレらが生まれた
 この街のプライド
 燃え上がる情熱

 OSAKA OSAKA
 広い世界に一つ
 オレらの心を
 熱く奮わせる街

 オオオオ…
 ララララ…」


それともう1曲、播戸のチャントも追加されてました。
こちらは覚えやすいのでさっそく使ってみよう!

ドリフのエンディングテーマ(ドリフのビバノン音頭)で
「ババンバ、バン、バン、バン♪アービバノンノン
 ババンバ、バン、バン、バン♪点取れよ~!!!
 ババンバ、バン、バン、バン♪アービバノンノン
 ババンバ、バン、バン、バン♪オフサイドするなよ!」






こんな曲も、あるあr…ねーよ。
エイプリールフールとっくに過ぎてるしw

FC2ブログランキング
↑応援よろしくお願いします♪(別窓で開きます)
[ 2007/04/03 00:33 ] サッカー/ガンバ大阪 | TB(0) | CM(6)

第4節 ヴァンフォーレ甲府vsガンバ大阪(A) 

がぼーん、いきなり青春18切符を落として買い直すというスタート。
拾ったら届けろよ・・・うぅ、これもほろ苦い(精神年齢)18歳の青春(あいさつ)
というかカシマ、エコパ、小瀬と近県遠征で
何かしら仕出かしてしまうのはデフォなのか?

ヴァンフォーレ甲府VSガンバ大阪
それはさておき、今年も行ってきました小瀬(おぜこせ)。
昨年は雨の小瀬と初の歓迎力に撃沈しましたが
今年は騙されないぜー!ということで最初から臨戦体勢と思ったら
お腹がキリキリ痛むのよ…去年も腹痛だったような(汗)

まずは駅前のバス停でバス小瀬通信とMGを交換。
「これ、ガンバサポの有志で作ってるんで、あげます」
「これ有志で作ってるんですか・・・すげぇ。ついでにバレーも返して」
「だめ!(全員即答)」
試合前にそんなやりとりができる甲府サポ、何か憎めないっす(汗)

去年はぶどうの季節でしたが、今年は桜の季節。
大阪の桜は散々だけど、小瀬の桜は綺麗に咲いてました。
小瀬のサクラは満開

今年はぶどうの配布がなかったですが、抽選券はしっかりくれるのね。
試合前にはアウェイサポの応援メッセージまでアナウンス。
とどめには私の前田アナがゴル裏に現れるというサプライズ付き
・・・恐るべし歓迎力。(いや、前田アナは関係ない)
↓はおまけのヴァンくん(敵ながらかわいいぜ!)
ヴァンくん

試合はというと、主審鍋島のせいでかなりぶち壊し・・・
去年は結構フィジカルコンタクトでガンバの選手が
吹っ飛ばされていたイメージがあったのですが
今回はちょっと触れればすぐ笛を吹くもんだから
「フハハハハハ・・・見ろ!人がゴミのようだ(by ムスカ)」
と言わんばかりに触れるだけで甲府の選手が転がる、転がる。
それも戦略なのかもしれないけど、うちはフィジカルなチームじゃないよ?
甲府とはガチンコでやりたかったよ。

そんな主審の影響もあってか、明神の不在か
それとも遠藤の出産立会い疲れ(?)かわからないが
イマイチ中盤で捕まえきれない。
(というか、捕まえても笛吹かれるんだけどね)
とは言え、決定的なシーンはそれほどなかったんですが
前半37分にうまく3人で囲みにいったように見えたが
細かいパス回しで抜かれ、ゴール前で2対1の状況を作られ失点。
もう拍手するしかない、素晴らしい崩しからのゴールでした。
(何度ダイジェストで見ても、「やられたなぁ…」というゴールだけに
「すってんころりん」はいただけなかった…)

前半はこちらもいくつか決定機があったものの
みなさん、見事に同じような外しっぷりで0-1のまま前半終了。

ちなみにハーフタイムの抽選で時計と
風林火山ストラップが当たりました。
( 個人的にはヴァンくんストラップが欲しかtt(ry )
やはり歓迎力恐るべし・・・(下は当った景品)
抽選で当った時計とストラップ

流れ自体は悪くは無いものの中盤できっちり捕まえ切れていないので
後半最初から不安を抱える明神かなと思っていました。
結局、後半頭の交代はなかったものの、後半途中で安田→明神。(橋本が左SB)
これで中盤がかなり落ち着いて、相手のチャンスがかなり減りました。

次に家長→播戸で播戸がセンターの4-3-3の強劇的な布陣にシステム変更。
素人的にはナビスコ神戸戦で見せたは播戸が右の4-3-3という
選択を何故、西野監督が取ったのかを知りたいですね。

また3トップかと思いながらも、播戸はきっちりポストプレーも
守備もこなし効果的な仕事をする。
今の播戸に足りないのはゴールだけなんだよな・・・と思ったら
バレーからのこぼれ球を押し込んで同点!(ゆりかご、ゆりかご)

1点入ったことと、甲府が疲労してきたこともあって
段々ガンバが押し込み始める。
右に流れた播戸が抜け出て中央にはマグノとバレーが走りこむ。
思わず、ニア!と叫んだ私の声を聞いたかのように
マグノとバレーがクロスし、ニアに走りこんだマグノが左で流し込む。
あのトップスピードで流し込んだマグノもさすがなんですが
フリーながらきちんとあげた播戸に匠(字が違うw)です。
マグノが飛び込んで「あぁぁぁぁぁーっ!」って感じに
逆サイドにボールが流れていく風景が浮かんだ私を許しておくれ。

最後はバレー→寺田に代わって4-4-2でそのままタイムアップ。
苦戦はしたものの甲府の歓迎力に見事勝利!

締めは播戸の「1、2、3、バーン!」
無茶苦茶嬉しそうだったな、播戸。
そして西野コールに両手を振って答える西野監督、反応早ッ!
コールリーダーの「西野、オレ!」で反応してたよw

試合終了後、みんなでぞろぞろと小作へ突撃。
小作の女将には「今年は勝ちましたよー!」としっかりリベンジ。
そして小作のクーポンの一言欄に
「今年は勝ちました。
勝ち点3ありがとうございました。
ガンバ大阪サポーター一同」
と書いて渡したら、女将が苦笑いしながら
「来年も甲府がJ1にいたら来て下さい」とのこと。

個人的に甲府のサッカーは日本のためにもJ1に残って欲しい。
万博でもガンバが勝つけど、がんがれ!(大きなお世話)

FC2ブログランキング
↑応援よろしくお願いします♪(別窓で開きます)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。