スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

第14節 ガンバ大阪vsアルビレックス新潟(H) 

おひさしぶりぶり。
この間、昼間にテニスをしていたら高校生に間違えられた。(あいさつ)

レアンドロ、遠藤、明神が怪我で欠場、山口は累積による出場停止。
さらに橋本はA代表で2試合フル出場に近い状態で帰国。
二川、加地は怪我から復帰したもののどの程度できるかは未知数。
(試合勘や二川のスタミナ面)

山口の代役はパクドンではなく高木。
これは中澤を1stチョイスとしたときの組み合わせで、かな?
中盤はは倉田と橋本で、前に安田、佐々木を置いたボックス型。
最後にFWはルーカスとチョジェジンの4-4-2。

面子を見ればそれなりに豪華だし、控えも別にいつもより劣る感じもない。
しかし、試合の内容はどうももっさり。
3シーズン目を向かえ完全に新潟の中心選手となったマルシオに
エジミウソンの穴を十分以上埋めているペドロジュニオールはかなりの脅威。
なんだかんだ言って新潟は着実に力を付けてきているなあという感じ。

前半は結果以外の部分でも新潟ペース。
サイドで起点が作れ、特に右サイドから攻撃が活性化していたので
コーナーキックこそ多かったものの、ボックス内では枚数が足りないシーンが多く
シュートらしいシュートも撃ててない印象。
横の距離感はそんなに悪くはないと思ったんですが
縦の距離感が悪く、2列目の飛び出しや最終ラインのカバーなど
2人目、3人目の動きが少なかったように思いました。

後半に二川と播戸が入ってきて流れは随分良くなったのですが
最後の迫力がちょっと足りない。
レアンドロのような決めるオーラがどうもないんですよね。
二川はまだまだフィジカルコンディションが戻っていないように思えますが
視野の広さとか展開力はさすが。
早く90分できるようになってもらいたいです。
播戸は二川とセットだからか、比較的良かったような気がします。
裏への抜け出しやポストプレー、前線からの守備にファンブルへのアプローチと
播戸が本来やるべき仕事をこなしていたとは思います。(結果は別として)

矢野のシュートがアンラッキーなループシュートになったり
(そういや昨季開幕戦のバレーのゴールもあんなんだったなw)
ポストやバーに弾かれたりと運も無かったと思います。
結局前がかりになったところをマルシオにズドンと決められ0-2。
そのまま3試合無得点で試合終了。

アジア王者となった次の年の浦和を見ていれば
厳しい年になるのはある程度予想はしていたし
厳しいフィジカルコンディションから野戦病院状態になるのも想定の範囲内。
ただ、厳しいのはわかるんだけれども言い訳が許される面子では無いのも事実な訳で
その中で目標としていたリーグ優勝の文字が霞むのはなんとも・・・
もちろんまだ可能性はあるし、あきらめる訳ではないんだが
この体たらくでは口にするのもおこがましい。
優勝争いと言える位置でらしいサッカーをするまでは
リーグ戦では優勝の2文字は封印します。
まずは6/24のACLに集中。

そのACLラウンド16ですが、憲剛が熱を出したりと
訳ありながらも6/24に向けて主力を温存した感の強いフロンターレ。
ベストメンバー規定とかくだらないことをどうこう言うつもりは無いけれども
昨年、ガンバはどんな厳しい状況の中でも勝つという力を身に付けたはず。
そいう理由からもフロンターレに負ける訳にはいかないでしょ。

24日は私もフロンタサポと同じルートで大阪に行きますよー。
(目的は真逆だけどw)

FC2ブログランキング
↑応援よろしくお願いします♪
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。