スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

第1節 ガンバ大阪vs大宮アルディージャ(H) 

開幕しました2007年度Jリーグ、ちゃんと借した皿を返してもらわんと。
ゼロックスで大勝したからって油断は禁物な訳で西野監督も
あの浦和ならどのチームもいいゲームが出来ただろうしね。
と言ってるし。

で、実際大宮のデキが凄く良かったんですよ。
正直、開幕戦でどのチームもフレッシュなので、大勝は難しいだろうなあと
思ってはいたもののこんなに苦戦するとは思わなかった…
ガンバの前座試合(浦和vs横浜FC)を見た感じでは
浦和より(もちろん横浜FCより)大宮の方が状態は良いと感じました。

高い位置でのプレスも早いし、きっちり数的優位で潰されて
最前線までボールが運べていない時間が長く続いてましたが
ガンバの調子が悪いというよりは大宮の守備が良かったのではと。

あいにく大宮の攻撃がそれほどでもなかったので
(とは言ってもエニウトンがフィットしたら結構怖そうだ)
負ける気はしなかったんですが、こういうゲームを勝ち切れないと
去年の終盤みたいなことになるので、何とかゴールネットを揺らして欲しかった。
まあこのペースでは続かないだろうと思い前半終了。

で、正直後半はバテバテだろうと思ったんですが、予想以上に粘られた感が…
やっぱりシーズン緒戦ということでスタミナも違うんでしょうかね。
去年終盤はちょっと攻撃に色を出して自滅してたイメージがあったのですが
やっぱり大宮は嫌なチームだなあと再認識。
相手のミスもそれなりにあるのでチャンスはあるんですが
なかなかゴールネットは揺らせない。
やっぱりマグノはどフリーだと外すのね…(大汗)

後半20分前後、リーグ前半限定で采配キレキレの西野監督が動く。
播戸→バレー、安田→家長で禁断の4-3-3。
橋本は左SBで遠藤はボランチの位置に下がったのかな?
(もしくは明神のワンボランチ?)
開幕前に西野監督が守備面でリスクが大きいと言っていた(ハズ)だけあって
今まで拾えていたルーズボールが途端に大宮に拾われまくる。
中盤が厚いのがガンバの特長だと思っていましたが
このフォーメーションだと中盤の枚数が厳しいように思えました。
やはりリスクが高い形かも…(戦術理解で守備面は改善できるんだろうか?)

TVで観ててもバレーのシュートはバーを越えて
コロコロと転がるイメージでしたから「良く入れた!」の一言です。
バレーは苦労人だけあって、気持ちのゴールなんでしょうね。
最終的には相手のミスからの得点ですが
あれだけ苦しい試合を勝ち切れたことは大きかったですね。
(そうそう昨年の万博京都戦のアシストも家長でしたね)

そして西野監督150勝おめでとうございます。
今度、EXILE踊ってねw

来週は昨年苦しめられた(1勝2敗1分)鹿島アントラーズ。
もつ煮を食べて、鹿狩りだー!

FC2ブログランキング
↑応援よろしくお願いします♪(別窓で開きます)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oksana.blog45.fc2.com/tb.php/287-8999411f








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。