スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

第10節 ガンバ大阪vs清水エスパルス(H)  

インドアなのに雨が振るとテニスのレッスンを休みます(あいさつ)

ようやく体調も回復し、コンビニと病院以外の外出もできるようになりました(涙)。
そんな訳で本日も大人しく自宅でTV観戦。

試合の方は10人で戦って(片山め!)中2日という
ハードスケジュールの影響かかなーり体が重そうでした。
後で知ったんですが、倉田がベンチ入りしていたとか。
この日のBSはベンチメンバー出してない気がするんですが・・・

で、選手層が厚くなったとは言え、キーマンが二人(マグノ、加地)も
いないというのは改めて痛いなあと。

守備面では加地さんの不在により橋本の負担が増大して厳しそう。
普段なら橋本、明神の2枚フィルターに加地が加わって安定感があるんですが
ボランチが攻撃的な役目の多い遠藤だったためか安定感はイマイチ。
しかし、遠藤って前目の方が守備で利いているような気がするのは何故ですかね?

攻撃面は攻撃面でマグノが不在のためクサビの位置から
ゴリゴリ押し上げられる人がいない。
これは家長が代わりをしないといけないような気がするんですが、イマイチ。
通常では加地が献身的に右サイドを駆け上がって
相手のマークを引き付けるが、橋本ではちょっと物足りないという感じなのか?
そもそも前線であまりからんでないのよね。

こんな感じで前半は清水が引き気味に中を固めていたのもあってまったりムード。
こちらのミスからピンチが数回あったが
正直、どちらも点が入る感じがしない。
コンディションが悪いのはお互い様と言った感じ。

後半、ガンバがペースを上げ、所々にらしいテンポで攻める。
右サイドの橋本からのボールを播戸がズラし、家長が右で流し込んで1-0。
「あまり家長っぽくない!」なんて喜んでいたら、フェルの個人技であっさり1-1orz
以前より恐怖感は減ったかな?なんて思ったら、やられますた。

途中、中山と寺田を投入するもそのままタイムアップ。
中山はもう少し頑張って存在感出さんとな…。

お互いクリーンな感じだったのもあって、イエモッツは家本さんでしたw
(良い時は良いと、悪い時は悪いと言わんとね)

FC2ブログランキング
↑応援よろしくお願いします♪(別窓で開きます)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oksana.blog45.fc2.com/tb.php/314-cfac9cd4








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。