スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

第11節 浦和レッズvsガンバ大阪(A) 

胃腸以外は復活したため、埼スタに参戦。
ずっと観てないと思ったら、ちょうど1ヶ月ぶりくらいの参戦。
やっぱりスタで見るのが一番良いっすね。
久しぶりの応援に気合が入りす過ぎたか
なんか右肩辺りと右の側筋が痛い(病み上がりなのに…)

浦和レッズVSガンバ大阪

浦和戦は最終節、天皇杯決勝、ゼロックスと昨年末から
3戦観て来ましたが、この日の浦和のゴール裏は
この3戦とは気合が違うように思えました。
表彰とは関係ないながらも頂上対決ということで
純粋に気合の入った方達しかいなかったのかもしれませんね。
(とは言っても55,258人って素直に凄いと思う)
やっぱり埼スタはこうでないと。
これだけの人を黙らせられると考えると、ただただ興奮。
ガンバのゴール裏も雰囲気もなかなか良かったすよ。

ガンバの布陣は加地さんの代わりに青木が右SBに入った4-4-2。
ガンバの右サイドの青木vs相馬がポイントかなと思いつつキックオフ。

いきなり「連戦の疲れ?何それ?」と言わんばかりに
前半から飛ばし気味に押し込むガンバ。
バレーのゴールで「うぉ、こりゃゼロックスの再来か?」と思うくらい
一気にいけると思ってたんだけどなあ。
(バレーのゴールはあそこに突き刺さなくてもw)

で、ポイントと思った青木はヤバイ…守備の位置取りがなんか中途半端
相馬との1対1は危なっかしいし、追い越す動きのタイミングが取れないのか
ギクシャクしてるし、中途半端に勝負すればカウンター食らうしorz
サテでも右SBをやってたんじゃなかったっけ?
前半だけで「あおきー!」「りょーたー!」って100回くらい聞きました(汗)
1回いいシーンがあっただけに、安田を見習って開き直りも必要じゃないかと。
好きな選手だけに思いっきりチャレンジして欲しいっす。
しかしみんな口をそろえて「前よりマシ」って
どんだけ前回酷かったんだよ…orz
そして「青木がいるはずの右サイドに見知らぬ坊主がいる」と
のたまううちの嫁は大物w

逆に橋本と明神は違う意味でヤバイ。
ポンテ、小野をしっかり押さえてたし、「何?あのボールの獲り方」ってのもあった。
加地さんがいるとハシミョウを真ん中で使える意味も大きいんだろうなあ。

んで、ちょっと青木にビクビクしながらも
全体的に押していたのでこのままイケイケモードかと思いきや
前半途中からサイドを使われだして段々怪しくなっていく。
正直、SBのカードがベンチに無いのはきついよなあ…
後半途中、橋本、明神を動かしたくないからか、青木→家長でそのまま右SB。
「マジ?( ゚Д゚)ポカーン」としていると「家長のラテラルはない(怒)」と
マジ切れするこの方とかこの方とかこの方とかw

西野監督的には「家長の右SBあるあるあ…ねーよ!」という訳で
即座に橋本と変更の指示。
最初はセットプレー等のゴタゴタで伝達間違えかと思ったんだけど
本当に右SBやらせようとしたのね…

前半飛ばしていただけにお疲れモードのヤット、フタは運動量ガタ落ち。
守備に難アリな若い両サイドの疲労もあって
全体的なプレスがなくなり、浦和得意のサイドに展開してのカウンターに押される。
藤ヶ谷のPKビックセーブもあり、何とか凌ぐも
この状態で1-0という点差及び後半29分にマグノがポストに当てたのが
もう引き分けの前兆だったのかもしれません。
んで、後半31分、Jでは見慣れたワシントンのゴールで1-1。
そこからはスタミナ切れながらもちょっとだけスピードアップして押し込むが
その反動で浦和のカウンターも炸裂して、激しい好守の切り替え。
正直心臓に悪い。
播戸の惜しいシュートがあったものの結局そのままタイムアップ。
ネネはホームで引き分けなのに交代時にタラタラ歩くなよ。

試合後、浦和はよくやったムードだったが
「うちらは勝ちたいんや!!!」
「引き分けはもういい!!!」
の声が聞こえ、ゴール裏の2/3ほどがブーイング。
やっぱり、ホームで引き分けGJなチームに勝ち切れなかったのはやっぱり悔しい。

何と言っても本日のガンバ的MVPは藤ヶ谷、神!!!!
しかし、「左下(グランダー)だ!!!」って言ったら本当に止めたよ。
でも本当はGKから見て左下だと思ったから逆なんだけどねw
正直、FKはまだしも、PKは阿部が良いと思いますよ。

本日の浦和的MVPは右ポスト選手
選考理由は身体を張った素晴らしい守備…ちくしょう。

他に印象的と言えば、メイン側の線審はかなり香ばしかった。
ワシントンのゴール取り消しも…
まあ、ネット揺らす前に旗上げてたから許してw
遠藤のバックパスにオフサイドも…
まあ、藤ヶ谷がクリアして決定機ではなかったから許してw
ガンバ寄りかと思いきや・・・
まあ、後半はしっかりCKを数本GKにされたから許してw

とは言っても線審はガンバ寄り、西村は浦和寄りという感じ。
大体、ペナルティ付近で浦和の選手が倒れれば全部ファールなのに
こっちのファールを西村は取ってくれないしな。
とどめに帳尻合わせのPK・・・あれでPKはないでしょ。
まあワシントンのゴール取り消し基準ならあれもPKなのか?勘弁してくれ。
最近審判ネタが多いけどできれば書きたくないっす。
とりあえず、まともな審判をお願いします。

FC2ブログランキング
↑応援よろしくお願いします♪(別窓で開きます)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oksana.blog45.fc2.com/tb.php/317-d5dae4db


浦和レッズ

浦和レッズ浦和レッドダイヤモンズ(うらわれっどだいやもんず Urawa Red Diamonds)は、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。ホームタウンは埼玉県さいたま市(合併前は浦和市)。呼称は「浦和レッズ」である。選手について
[2007/06/15 07:55] URL のぞみのblog






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。