スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

第13節 ジェフユナイテッド千葉vsガンバ大阪(A) 

ピーナッツソフトは100食限定!私は99番目でした(あいさつ)

タッパー持参でフクアリに行ってきました。
ソーセージにピーナッツソフトとスタグルメを堪能w
↓ソーセージ盛りの喜作さん(フタ付きタッパー持参がお勧め)
ソーセージ盛り

ゴール裏もリーグ柏戦、ナビ杯神戸戦と勝利+ナビ杯決勝T進出と
この流れを切らせたくないという気持ちで良い雰囲気でした。
ジェフ千葉VSガンバ大阪

試合の方はと言いますと最初はジェフらしい
パス&ゴーのサッカーは見られず、マンマークもユルユル。
「え、何?このジェフ」と正直に思いました。
正直、前半22分に先制されるまで、全く負ける気がしなかったです。

失点するなら自分達のミスからだろうな…と思ったら(ノ∀`)アチャー
クリアできずに自陣でごちゃごちゃしているところで失点。
そうしたら、ガンバのエリアを除くコの字型に思いっきり
「うぉぉぉぉぉぉーーーー!!!」という大歓声が。
どんだけ嬉しいんだよ…もうね、ここは埼スタかとw
まあ逆にそれだけ厳しい状況なんだろうなというのが
容易に想像できましたけど。

で、1点入るの流れが変わる典型的なパターンでジェフの動きが良くなり
調子に乗らせちゃった感が漂い、イマイチリズムに乗れなくなってしまう。
ナビ杯で封じた逆サイド(特に右サイド)への展開も
加地ではなく青木のため、効果的にカットできず
ところどころ危ないシーンも。
(とは言っても何とか抑えてたとは思いますが)

後半からはサイドを落ち着かせるため青木→家長で橋本を右サイドにシフト。
浦和戦のポンテ、小野あたりの中央を抑える2枚フィルターではなく
前半はサイドを抑えられていたので、そこにポイントを持ってきたというのが
西野監督のコメントからもわかります。
現地では「家長消えてんなー」と思ってたんですが
自宅で復習したところ、ところどころ攻撃には絡んでたのね、スマンカッタ。
(しかし、未だにスタで「14 IENAGA」を探してしまう…)
家長が効果的だったのか、橋本の右サイドが落ち着いたのかはわかりませんが
段々ガンバがペースを握る流れに。

羽生のバックパスを明神がカットして、そのまま左足でゴール。
ゴール裏からは反対側だったことと
キレイにサイドネットに流し込んだので
「誰?誰?バレーの確変がきたのか?」と思ったら大明神様でしたよ。
守備面でも「危なi…明神!」みたいなシーンが
数多く見られ危険の芽も摘みまくり。
移籍時に「橋本がいるから明神イラン!」なんて言ってスマンカッタ。

遠藤は身体が重めで、らしくないボールロストが多かったんですが
安田は後半に代えられる直前まで元気に左サイドを駆け上がっていたのが印象的。
フットサルでボロボロになっていたこのお方
「元気やなぁ…」とつぶやいておられましたw

最後は遠藤のFKで逆転勝ち。
普段は「入らないかも…むーん」って思うことの方が多いんですが
このときは神戸戦のFKと同じ軌道で入っていくのが脳裏を過ぎって
そのまま同じようにゴールに吸い込まれていきました。
もうゴール裏は大フィーバー。
「とりあえず飛べ~」って感じで飛びまくってました。
(お陰で足がまだ痛いw)

この試合は正直、出来すぎな気がするけど
ジェフの負の流れも大きかったのかも。
今までのジェフなら引き分けはあっても負けはなかったかと。

個人的に好敵手として思い入れのあるチームだけに
来年もフクアリに行けるように頑張って欲しいです。

FC2ブログランキング
↑応援よろしくお願いします♪(別窓で開きます)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oksana.blog45.fc2.com/tb.php/320-8cc40319








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。