スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ナビスコカップ準々決勝第1戦 浦和レッズvsガンバ大阪(A)  

ガンバVSレッズ

今シーズン3回目の関東浦和戦。
お互いに主力を大きく欠くだけに
どのような布陣になるか注目していました。
で、フタを開けてみると、智、シジ、中澤の3バックに
中盤は秋、明神のWボランチ
両サイドのWBに入江、青木という元CBの2人が位置し
2列目に二川、寺田、1トップにマグノという3-6-1というか3-4-2-1(?)の形。

正直、今年はずっと4枚でやってきて西野監督は
「人が変わってもサッカーは変えない」と言ってきたのに
急に3枚にしたことはちょっと不満。

このシステムだからドローだったという訳でもないでしょうし
そしてサテ組でもこのスタイルを貫ける準備をするのが
監督の仕事でもある訳ですし。
主力7人を欠いて本当にスクランブルアタックなのはわかっているけど
個人的にはそれでも本来のスタイルを貫いて欲しかった。

内容としては青木、入江が最終ラインに吸収され
5-4-1みたいになってマグノは前線で孤立。
戦略的に最初は守備的にいき、マグノのカウンター狙い。
後半で前田、中山を入れて攻撃的に行くように考えていたっぽいので
全体的にはプラン通りだったような気はするのですが
やっぱり不満ですね。

結果的に智の値千金の同点ゴールでイーブン以上の結果となったので
結果オーライかもしれませんが、久しぶりにチームにイライラしました。
とは言っても、gdgdな寺田に代わって入ったゴンタロの危機感溢れる
チェイスに少し救われた気分になりました。後はFWとしての結果ですね。

数少ない収穫としてはやはり倉田秋(シュウ)でしょう。
ユース時代は高円宮杯で3試合ほど見ただけですが
全国トップクラスのガンバユースにおいても
倉田(とスイッチの入った持留)は
ずば抜けてうまかった印象があります。
倉田のDFに囲まれてもスルスルっと抜けるドリブルは
高校生相手では全く止まらず、たった3試合でも
強烈なインパクトがありました。
あまりのうまさに
「全部倉田がドリブルで抜いて一人で決めればいいんじゃね?」
なんてアフォなことを素で思うくらいうまかったです。
フルメンバーでないと言ってもリーグチャンピオン浦和戦では
さすがに最後の最後に止められてしまったりしてましたが
そのドリブルはトップチームでも健在でした。

親方の言っていた「長谷部のような縦への推進力」というのは
言い得て妙だなと。なんとなくわかる気がします。
それと今シーズンはある程度改善が見られてはいますが
ガンバのウィークポイントであるミドルも
きっちりミートして枠へ飛んでいるのも良いですね。

戦略的にもボランチの遠藤、橋本は他のポジションも任されることが多く
(現に今シーズンの遠藤はボランチよりも2列目が多い)
日本トップクラスのボランチが3人もいるものの
厚そうで厚くないポジションなので倉田が入ることで
遠藤を下げずに橋本がサイドバックにコンバートできるのは
非常に魅力的だと思います。
(とは書いてみたものの昨日のカタール戦で
ボランチ途中交代の悲劇を思い出したw)

あとはこの内容をいかに続けていけるかで
彼の真価が問われるでしょう。

ハシユニを着ている人間が言うことではないですが
代表から帰ってきたら橋本のポジションが無くなっていた
なんていう競争もちょっと期待してしまいます。

FC2ブログランキング
↑応援よろしくお願いします♪(別窓で開きます)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oksana.blog45.fc2.com/tb.php/327-18eb93ac








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。