スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ナビスコカップ準々決勝第2戦 ガンバ大阪vs浦和レッズ(H) 

さいたまシティカップにアルディージャも入れてあげなよ(あいさつ)。
と思ったらアルディージャが辞退していたのね。

ACLによるナビ杯の予選免除というのは
気持ち的にちょっと集中できないのではないかなと。
ガンバにおいても昨年も2005年に決勝で惜敗し
次のナビ杯こそはと、リベンジを誓ったにもかかわらず
準々決勝で鹿島にあっさり負けてしまったのは
予選免除という特権のせいかもしれません。
そんな訳で特にACL決勝トーナメントに進んでいる浦和のナビ杯に対する
気持ちの集中は途切れていたのかもしれません。
(結果的に今年の川崎は勝っていますがチーム力に差がありますから…)

で、試合のフォーメーションは
入江→安田、寺田→家長、マグノ→家長でシステムは第1戦と同じ3-6-1。
両サイドが上がっているときは3バック、両サイドが下がり目のときは
聡太がボランチの位置に上がって4バック気味になっていたのは気のせいでしょうか。

スタメン組のアキ、ミチ、バン、フタはコンディションが悪いにも関わらず
強行出場させた西野監督の期待を裏切らないレベルでの活躍に唸りっぱなし。

万博は水捌けが良いのは知っていましたが
あの豪雨で水溜りが全くできなかったのはガンバにとっては良かったですね。
(西京極は大連を彷彿させる田んぼサッカーでしたし)
また風もホーム側からアウェイ側に吹いていたので
前半は浦和が、後半はガンバが豪雨に晒されるはずだったのですが
後半の半分以上は雨が止んでいたので、浦和は運も無かったのかもしれません。
何より暴風豪雨でもクオリティが下がらないガンバのサッカーは正直感動です。
(浦和も(ノ∀`)アチャーな感じは全くしませんでしたがね)

スタメン組は文句のつけようの無い活躍だったのですが
サテ組では倉田が相変わらず良かったです。
ガンバの弱点だったミドルの感覚を最初から持ってるなあという感じがします。
打つときは打つという意識がハッキリしていて
「パス?無理…ドリブル?無理…じゃあシュート…」という
ありがちな優先順位がなく、全ての選択をイーブンに
考えられる(どれも使える)選手なのかなと。
ベトナムで日本代表として戦っている我らがチャッティ橋本さんも
ポジションの危機を感じているようですし、こりゃ良い傾向ですね、グフフ。

まあ、結果が結果ですし、どの選手も非常に良かったとは思うのですが
個人的にはミチの気持ちが入ったプレーが一番印象に残っています。
チェコ戦で自分がPKを外したその嫌な気持ちを払拭するためにも
早く試合に出て暴れたかったのだろうと思いますが
カナダから帰ってきて成長が感じられました。
プレーの気持ちもそうなんですが、何より目が違う。
何の曇りも無い1点だけを見つめる物凄い良い目をしていました。

アジアカップの候補リストにあがっていたみたいですが
中途半端にA代表ではなく、カナダへ行ってきて本当によかったと思います。

残り4強は鹿島、Fマリ、川崎ですか。
個人的には試合巧者な鹿島とカシマスタジアムではあまりやりたくないですね。
(ナイター開催だと関東組も帰宅不能になりかねないですし…)
結局どことあたっても優勝あるのみですから関係ないですけど。

FC2ブログランキング
↑応援よろしくお願いします♪(別窓で開きます)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oksana.blog45.fc2.com/tb.php/329-2af7c698








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。