スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

第20節 ガンバ大阪vs浦和レッズ(H) 

最悪の気分で負けた。
冷静に試合を振り返るなんてことができるような心境ではない。
(夫婦間の空気も険悪だし…)

確かにガンバは現在首位にいるし
日本サッカーを牽引している自負もあると思う。
でも、浦和レッズは昨年の王者&天皇杯覇者な訳で
どのような状況でも今年のガンバはチャレンジャー。

「慢心」?何それ、おいしいの?

先ほどまで2勝2分と言っても、昨年は一度も勝てなかった相手ですよ?
昨年、目の前で3回もカップ(もしくは皿)を掲げられた屈辱を忘れるわけが無い。
昨シーズン終了後の
「美しくクリーンなサッカー?」
「勝ちへの執着心が足りないんじゃない?」
なんて言葉を忘れない。
きっとそんな気持ちでみんな試合に臨んだと信じている。

が、これらを見てもう一度気持ちを入れ直そう。
リーグ2006       天皇杯2006


次は大一番を終えた後の横浜F.C戦。
ここで変に気の抜けた試合は見たくない。
しっかり切り替え、首位と最下位の差を見せつける試合をしなければ。
浦和戦で後押しをしてあげられなかった分、しっかり声を出してきますよ!

FC2ブログランキング
↑応援よろしくお願いします♪(別窓で開きます)


後半は何もできないまま時間だけが流れていって本当に不甲斐なかったです。試合後も万博でウィアーナントカって連発されて去年の悔しさ蘇ってきましたよ。選手も同じはずです。ここから頑張ってくれるはずです!

私、やっぱりあのチーム嫌いです。笑。
[ 2007/08/16 01:15 ] [ 編集 ]

最後に笑いましょう。

>こ~さん
昨年は何度か見られましたが
今年ははじめての光景でしたね。>後半の打開策のない時間

何回もテーブルを叩き、地団駄を踏みました。
マンションの下の方には迷惑だったでしょう(汗)

関東に住んでいるというものあると思いますが
私も好きになれませんねw
[ 2007/08/16 01:28 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oksana.blog45.fc2.com/tb.php/333-a8199106








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。