スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

第30節 清水エスパルスvsガンバ大阪(A) 

友人の結婚式があったので日本平に行けませんでした。
2次会がなかったんで、TV放送には余裕で間に合ったんですが
こんななら無理なスケジュールを組んででも行けばよかった…

昨日はもうスパサカ氏ねもJリーグタイムもJAGSも見ずに
飯食ってフテ寝しましたので、多少は持ち直しましたが
まだ少し引きずってますわ。
とは言っても、切り替えてナビスコファイナルに
向かわないといけないですから、切り替えないとね。
浦和は名古屋と引き分けたので首の皮1枚でつながっているのかいないのか…

で、試合の方は即録画を削除してしまったので、うろ覚えなんですが
怪我明けのバレー、加地、明神が強行出場。
播戸を下げてバレーをスタメンで使う意味がわからなかったです。
前半4分のドフリーのヘディング等のミス以上に
前線からのチェイスが全く無いことに愕然としました。
あの迫力あるプレスはいったいどこに…

加地も怪我の影響か前半は全くオーバーラップがなく
逆サイドの橋本が高い位置を取るものの
安田ほどのドリブル力や加地ほどの縦への推進力が
ある訳ではないので、クロスを上げきらずに
その後ろのスペースをフェルや市川に面白いように使われてました。

前半は選手と選手の距離感も遠く、横半面を使ってパス回しをする
いつものガンバは無く、清水にピッチを広く使われるわ
パスを狙われてカウンターが受けるわで散々でした。
正直、前半の内容を考えると前半は0-1で良い、というのが正直な感想で
後半早々にバレーと左サイドを修正すれば
まだチャンスがあると思っていました。
そこで西野監督が打った手は橋本→安田、寺田→家長。
今までの実績を考えるとバレーを代え難いのはわかるのですが
後半スタートで2枚カードを切ってしまったのも
後々考えると痛かったと思います。

後半からは個々の運動量が多少増えたし
加地さんがオーバーラップするようにはなったものの
前半から動けていた寺田を代えてしまったため全体的にトーンダウン。

バレーは相変わらず前からのチェイスは復活せず
キープもパスもいまひとつ。
(全体的にプレスが少なかったですが)
結局3枚目のカードで明神に代えて播戸を投入する頃には
3点ビハインドとなっており、攻撃の枚数を減らすわけにもいかないため
バレーは最後まで引っ張ることに…

最後に智が意地の1発を決めるものの反撃はそこまで。
完敗も完敗。完全な負け。

次の試合はナビスコファイナル。
川崎は7-0でFC東京に大勝しています。
主力3名の怪我人の回復含めて
まずは足元を見てきっちり1試合1試合勝って行きましょうぜ。

もうポジティブもネガティブもなく、やれることをやるだけでしょう。
私同様に日本平に行けず口惜しい人も多かったはず。
私たちサポーターはスタジアムで喉が潰れるまで
声を出して後押ししましょうぜ。

FC2ブログランキング
↑応援よろしくお願いします♪(別窓で開きます)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oksana.blog45.fc2.com/tb.php/358-914d45fe








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。