スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

第1節 ガンバ大阪VSジェフ千葉(H) 

ついに開幕しましたね2008年シーズン。
歓喜とクサクサのシーズンが今年もやってきたw

3-0でガンバが勝つという予想が多かったとスカパーでは言っていましたが
開幕戦でそんな楽勝ムードが出る訳も無くスコアレスドロー。

ガンバのスコアレスドローは負けた気分になるのは何故だろう…
まあ、最初に調子に乗ってしまうよりもチームが締まって
代表勢との融合が急速に進むと前向きに考えますわ。

ただ、ここ2年は引き篭もられた下位チームに勝ちきれなくて
優勝を逃していることは忘れちゃいかんよね。

んで、試合の方ですが、右SBの加地さんが負傷で1ヶ月ほど離脱となったため
加地さん→佐々木を除けば、事前の情報と同じ中盤の構成を変えないで4-4-2。

ジェフはクゼ監督の守備から入るとの言葉通りスペースを埋めて
ボスナーがきっちり壁としてガンバ攻撃陣を弾いてました。
(まさに「残念そこはボスナーだ!」って感じ)
ジェフのシュートは4本に抑え、ポゼッションも70%。
前半からチャンスはあったもののバレーのシュートがポストに当ったり
立石が当っていたり、運もついてこない展開ではスコアレスドローも
止む無しという感じかなあ。
シュート4本も結構危なっかしかったし、後半開始早々には
ここでで予想されていた
明神が出たところを、素早く安田の背後に入れられて山口が対応、スライドしてゴール前に立った佐々木の頭上を襲うクロス…というのが悪夢の瞬間です。マキハズシテー!
\(^o^)/マキハズシター!

というか藤ヶ谷がきちんと弾いてくれて良かったw
藤ヶ谷が昨シーズン終盤からの好調を維持しているように見えるのは
結構大きいと思いますよ。

ジェフは監督もメンバーも変わってしまったのでしょうがないとは思うんですが
昨年までのジェフ戦にあったお互いのスタイル同士がぶつかる熱さが減って
引き篭もりカウンターという普通の中位チームなってしまった感じが…
そこを崩し切れずに勝ちきれないのもある意味ガンバらしいんですがね。

佐々木は山形時代からの良さである初速を生かした半身からの
クロスのバリエーションも出ていました。
守備に若干の不安はあったものの、足が速いので一瞬振り切られても
追いつけるのは結構大きいような気がします。
ガンバのポゼッションに慣れて上がるタイミングがつかめれば
攻撃面はとりあえずかなり目処が立ちますし
スタミナと守備力が付くと大化けする可能性もあるんじゃないかなと。

パンパシ組はきっちりキャンプとパンパシの成果を出していると思うものの
代表組では水本は無難に守備をこなしていたんですが
遠藤のコンディションの悪さが目立ちました。
ところどころ、トラップミスなどらしくないプレーも見られましたし
寺田→二川ではなくで遠藤でもいいかなと思いました。
パンパシ組とのコンビネーションはまだまだ磨く必要があるでしょうね。

余談ですが本日の主審は佐藤とかいう人らしいですが
謹慎中の家本の代わりなんでしょうか?
世界3大カップのちばぎんカップで吹いた主審らしいですが
ちょっと不幸なカレー券が多すぎ。
(比較的流しめなスタイルは嫌いじゃないんですがね)
審判問題は審判全体で取り組んで欲しいです。
なんか家本一人を悪者にしてるようにしか見えん。

さてさて、水曜日にはACLも始まります。
こちらはリーグ戦と違ってスロースタートなんて言ってられないので
きっちり勝ち点3を取って来週のエコパを迎えましょう。

最後に青木(良太)に つ鶴鶴鶴鶴鶴

FC2ブログランキング
↑応援よろしくお願いします♪(別窓で開きます)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oksana.blog45.fc2.com/tb.php/398-9afded5d








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。