スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ACLグループステージ第2戦 全南ドラゴンズvsガンバ大阪(A) 

ダッシュで帰宅しようとしたら京浜○北線が止まった
J○東日本は遅延行為のカレー券累積何枚目だよ。(あいさつ)

可能性を感じた磐田戦後半の4-4-2の明神1ボランチのダイヤモンド型。
前半開始早々から山口のありえんトラップミスから失点。
攻撃のリズムがつかめないうちにセットプレーからまた失点。
(シジがいればルーカスの位置で弾けてたんだけどなあ)

いきなり0-2と磐田戦を彷彿させるイヤな流れ。
唯一違ったのは漢、二川。
失点直後、播戸がスルー(タイミングが合わなかっただけにも見えたがw)した
ルーカスのパスをスペースに飛び込んだ二川のミドルが
綺麗な弾道でゴールネットを揺らす。

その後も危ないシーンは藤ヶ谷のビッグセーブで防ぎ
攻撃のリズムが見え始めたものの結局このまま前半は
1-2の1点ビハインドで後半を迎える。
0-2のままだったら後半の試合展開は違っていたかもしれない。

後半、守備にテコ入れをするかな?と思ったもののメンバーの変更はなし。
前半不安定だった山口も多少持ち直したようで
前半ほどの不安定さは見られなかったと思う。

すこしずつ全南の足が止まり始めたなかで
ガンバのリズムが見え隠れし始める。
後半8分のルーカスがワンタッチでボールを出してから右前へ動き
そのスペースに下がった二川がリターンのパスを受ける。
その二川に相手の集中が向いた瞬間にマークを外して
裏に飛び出した播戸へスルーパスというシーン。
結局、播戸のシュートは相手GKのビッグセーブで防がれてしまうものの
動きながらボールを動かし、次から次へと人が絡むガンバの美しいスタイル。
あとは1点取るだけと思った直後にそのCKで播戸が押し込んで同点。
このシーンを見てイケルというのを確信しました。

その後は完全にガンバが押し込み、ルーカスが粘ったところから
安田が思いっきり蹴り込み逆転。
(これもルーカスが流れたスペースに安田が入ってきて生まれたゴール)

直後に橋本のありえないPK献上があったものの
私の期待通り、安田のクロスに播戸が飛び込んで4-3の逆転。
この日の安田のクロスは何なんだ・・・これは良い方の代表効果ですかね?
ガンバで一番A代表っぽいと言えばA代表っぽいw

守備に関しては色々修正点はあるものの
久しぶりのバカ試合をただただ喜びたいです。

ルーカスも少しずつながら代表組が加わったガンバの動きを
理解し始めたのかなあという感じ。
水本はもうちょっとかかりそうですが
中澤や福元と切磋琢磨してくれれば良いと思います。
ここで遠藤や水本がA代表に持っていかれるのは
ちょっと厳しいですが、少し休んでより連携を磨いて欲しいですね。

しかし、国外無敗、国内未勝利なのねw

P.S
代表戦じゃないと意外と松木の解説も意外と普通なんだなあw

FC2ブログランキング
↑応援よろしくお願いします♪(別窓で開きます)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oksana.blog45.fc2.com/tb.php/402-68fe365a








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。