スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

第10節 名古屋グランパスvsガンバ大阪(A) 

連敗中ながら今年に入って好調グランパス。
ここ数試合の状況を踏まえると、正直引き分けでも許容範囲。
勝ち点をきっちり取って首位と引き離されないことがポイントかと。

明神は自主的に休みを願い出たようで5/7のチョンブリ戦に向け温存。
右SBに加地が復活したことで明神→橋本、FWはバレー、播戸のボックス型4-4-2。
なんだかんだ言っても、ガンバの戦術にフィットして
得点の臭いがするのは播戸だと思います。

ここ数試合と同様スタート時点はそれなりに走れる印象ですが
前節序盤の運動量が足りないと反省した名古屋は
ガンバ以上に序盤から飛ばし、どうも押し込まれ気味の展開。
ここで失点していたら終了だったかもしれません。

(ガンバの)右サイドのマッチアップは因縁の加地vsマギヌン氏ね。
「やっぱり加地の動きは真のSBだわー」と思うが時々危ないポカを・・・(汗)
ベンチからの指示か途中からマギヌン氏ねは守備で劣る
ガンバの左サイドにポジションチェンジし、安田とマッチアップの形に。
決定的にやられたシーンが少なかったのは
ルーカス(二川とポジションチェンジした?)が頻繁に
安田のフォローに戻り数的優位を作れていたことが大きかったかなあと。

後半はガンバの攻略パターンである大きなサイドチェンジを使われはじめ
かなり押し込まれていた印象。
ただ、前半30分過ぎの時点ですでに運動量がガタ落ちしていたので
そもそも守備の大前提であるボールホルダーサイドへの寄せが
できていなかったような気がしたので、ピンチなのかどうかすらわからん(汗)

大ポカとミラクルというある意味「いつも通りのバレー」が2得点。
ちゃっかり得点ランキング2位ですって、奥さん。

バレーのゴールで勝ち越したところでメンタル的に盛り返し
ACLが無いとはいえ連戦中のグランパスの足も止まり始めたが
それでも何とか凌いでいるが続く状況。
いつもならキープで時間を使えるのですが
疲労感でいっぱいいっぱい。
TVで見てても生きた心地がしなかった。
ただただ「勝ったー!!!!」という試合。

現地組の「戦士達よ~俺らの~♪」は
半泣きで歌ってたことでしょう。(よく響いていました)

内容はともかくこの厳しいタイミングで
名古屋相手に勝ち点3をきっちり取れたことは出来過ぎ君。
正直、この内容で首位との勝ち点差5はミラクルかw
ACLはチョンブリ戦で決勝T進出を決めて
後半からの巻き返しに期待です。

P.S
今日のピクシーのノット(ネクタイ)は完璧だと思ふ。

FC2ブログランキング
↑応援よろしくお願いします♪(別窓で開きます)

半泣きでしたが何か?

途中、ぴクシーさんは、
タッチラインから出たボールが自分のところに来ると、
リフティングしたり、
お尻で返したりと、
パフォーマンスに大忙しでした(笑
[ 2008/05/04 02:31 ] [ 編集 ]

やっぱりw>半泣き

結構愛されキャラですよね>ピクシー

試合後のインタビューで「試合はSmall Warだ」と言っていたのが印象的でした。
ガンバの選手にもそういうメンタルが欲しいっすね。
[ 2008/05/04 14:10 ] [ 編集 ]

>今日のピクシーのノット(ネクタイ)は完璧だと思ふ。

・・・同感。w

ゴル裏の中でも、
「脱水」を起こすサポがいるような状況でしたので、
今節は、90分凌ぎきった選手を褒めてあげてください。w
[ 2008/05/04 22:49 ] [ 編集 ]

mamikoさんへ

普通に暑かったですもんね。
しかも日陰もなさそうでしたし。

内容よりも結果の試合でしたから、十分すぎる結果でしょう。
あとはACLで決勝Tに進めれば文句無しですw
[ 2008/05/07 20:49 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oksana.blog45.fc2.com/tb.php/416-c87f9fcd








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。