スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

第12節 ガンバ大阪vs横浜Fマリノス(H) 

一言で言うと「激しくクリーンな好ゲーム」
第3者が見ている分には非常に見ごたえがあって楽しかったことでしょう。
ただ、ガンバ視点では今シーズンの引き分けは
勝ちも負けもあった引き分けという印象が強いんですが
今節は勝てたけど、引き分けた試合という表現になるのかなと思います。

前半を見た限りACLの予選突破が効いたのかかなり全体的に動けていて
ここ最近のなかでは一番よかったと思える内容でした。
後半からガクッと運動量が落ちちゃったのはやはり疲労か。
(この言い訳は正直聞き飽きたし、言い飽きたけどね)
ようやく1週間休めるのでどれだけ回復できるかってのがポイントになりそうですね。

得点に関しては榎本が当たっていたというのもあって
もう1,2点は取っていても良いとは思うものの
取るべきタイミングできっちり2得点しているということをまずは評価したいなと。

まあ、バレーに関しては疲労からか前線からの
迫力のあるチェイシングも少なくなってますし
バレーは少し休ませてもいいんじゃないですかね?
スーパーサブとしての能力も十分あると思うので
そういう使い方で気分転換もいいんじゃないでしょうか。

逆に守備は1失点ならまだしも2点、3点と当たり前のように
失点が続くとかなり厳しい。(特に橋本、明神のボランチに加地もいる訳だし)
2005年のように異常な攻撃力があるわけではないので、
ある程度守れないと取れる試合も落としまくることになってしまいそう。

あと、ハッシーは試合後に満面の笑みだったけど
こういう試合の後にそういうのはあんまり印象良くないよね。
(なんかしらの理由があるのかもしれないんだけどさ)
そういうメンタルが万年3位に繋がってると思うんだけどなあ・・・

FC2ブログランキング
↑応援よろしくお願いします♪(別窓で開きます)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oksana.blog45.fc2.com/tb.php/418-880043fd








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。