スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ナビスコカップ 準々決勝 第1戦 ガンバ大阪vs横浜Fマリノス(H) 

チャントの数が減って、全体的にキーがより高くなってない?(あいさつ)

遠藤は発熱のため遠征に帯同せず
(検査入院らしいが、大丈夫なんだよね・・・?)
下平が左SB、橋本、明神のWボランチにバレー、山崎の2トップ
布陣はいつも通りのボックス型の4-4-2でスタート。

遠藤不在のためか、連戦だからかは不明ですが
全くパスはつながらず札幌戦よりもグダグダ。
山崎が前で頑張って運動量を上げても
中盤で運動量が上がらず、パスがつながらないとどうしようもない。

そうなると中盤との構成がポイントの下平の良さが全く出ず
守備面では狙われ(そりゃ加地と比べるとねぇ)
裏を取られるシーンは1、2回ではなく
悪いところばかりが目立ってしまう結果に。

守備全体としては比較的集中していたけど
セットプレーからいつ失点してもおかしくなく、気が気じゃなかった。
こちらのセットプレーもほとんどなかったしね。

結局、一瞬ポポポンとつながった流れでできたワンチャンスを
平井が決めて、ほぼノーチャンスの中で先制。
前のエントリでこんなこと書いた直後だっただけにちょっと嬉しかった。
(1発目をGKに当てたときは頭を抱えたけどw)

この試合は福元ではなく、しんどくなった中盤を守備的に
活性化させるために武井をクローザーとして投入。
ACLホーム全南戦では守備から攻撃への切り替えの遅さなどを指摘したけど
クローザーとして危険の芽を摘むという仕事はさすが本職だけあって
きちんとこなしていました。

最後の最後に危ないシーンがありましたが
藤ヶ谷がきっちり防いでタイムアップ。
試合後はお約束のワニナレカナザワwith播戸ユニ。

正直楽しい試合では全くなかったけど
アウェイゴールを考えると無失点の1-0という結果は上出来。
(某チームサポはこういう状況が1年間続くんだから凄いよねw)
極論を言えば、90分で1点差までの負けはOK。
0-2になっても最後までに1点入れれば勝ちなのでずっと有利になりました。
(それだけに昨年の準決勝アウェイ鹿島みたいなのはやめてくれw)
第2戦は五輪代表で抜ける遠藤と安田が不在です。
遠藤不在のグダグダ感と下平が狙われっ放しだったというのが
気がかりではあるんですけどね・・・。

FC2ブログランキング
↑応援よろしくお願いします♪(別窓で開きます)

どーもです!

アキ→ミチ→タクミ、、と
系譜が続く左サイドバック

若手のいるあの場所が狙われるのは
もうもはやガンバの風物詩ですね。
[ 2008/07/03 20:40 ] [ 編集 ]

>しんすけさん

入江様を忘れていますよw

そういう意味では若手だけではないようなwww
[ 2008/07/06 00:19 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oksana.blog45.fc2.com/tb.php/433-1257d103








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。