スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

第16節 ガンバ大阪vs川崎フロンターレ(H) 

ここ最近あまり勝っているイメージがない
ファイフロことファイトクラブフロンターレですが
万博は鬼門でまだ勝った事がないんですって、奥さん。

ガンバはいつも通り、山崎、バレーを2トップにした4-4-2。
あちらさんは3バックがベースだとは思うものの
(途中で4枚に変える指示が出てたし)
4バックに見えることがちらほら見えるような流動的な布陣。

我那覇が一連の騒動から復帰し、絶好調なものの
あちらさんも怪我人を抱えて、ずいぶん苦労している模様。
試合展開としては前半は川崎が悪過ぎ。
トップ下の谷口はつなぎ役をできず、前線と守備を分断できたおかげで
(山崎が谷口をケアしてた風な記者からの質問があったみたいだけど?)
ジュニーニョはボールをもらいに下がってくるし、我那覇は孤立。
完全にマギヌン氏ねがいなくなった影響だよね。
サイドもガンバが2列目のルーカス、二川がしっかり下がって
両SBときっちり合わせて数的有利が作れており
森が欠場のお陰もあって、全く活性化せず。

前節の柏戦はガンバな展開でも
なかなかゴールを割れなかった訳ですが
この試合は西野道場の影響かFWが覚醒。
ルーカスのボレーは出来過ぎとしても
バレーが左足でファーに転がしおった!!!
もうねクララが立ったくらいの喜びですわ。
ヤギと一緒に踊っちゃうよ(年バレるねw)。
両プレー前の二川のプレーは言わずもがな。
バレーのゴールは二川の前の中澤のアタックもとても良かった。

でも、前半最後のルーカスのドフリーヘッドや
後半のこぼれ球につめた安田のフカシとか・・・試合を決めようよ。
特に後半から川崎が修正してくるのは明らかな訳で
前半で試合を決めれたらどれだけ楽なことか・・・
サッカーを見てると2-0というのは危ないという意味が
しみじみすることがたびたびあるんですが、今回がまさにそれ。
大橋が入ったことで、前半は遮断できていた前線と守備のラインが
つながりあっさり失点。
てか、オフサイドのかけ損ないはまた加地か・・・
(中澤とジュニーニョの位置関係は微妙ながらオフサイド)
テセが前線で身体を張れるので、ジュニーニョはサイドに流れたり
前線に張ってたりとかなり鬱陶しいw

完全に流れが川崎に傾いたため、ガンバの秘策として
ナビ杯決勝で成功した(そしてそのあと失敗が続いた)3バックへ変更し
佐々木を右サイドの高い位置で起用。(このポジションはリーグ戦では初?)
私が数少ないなりに見てた山形の佐々木の使い方に限りなく近く
以前みたいなFWやSB起用と比べて、すんなり試合に入れた感があります。
まだあまり研究されてないこともあって、佐々木の投入は成功し
流れを何とか取り戻します。
佐々木は初速、クロスの精度とスピードとこの位置で使うと輝くわ。
地味にサイドに流れ始めたジュニーニョへの
スピード対策もあったのかな?と。(結果論?)

最後は中澤が流血する騒ぎがあったものの
きっちりクローズして首位鹿島と勝ち点差3。
折り返し時の目標のトップ3には入れていないものの
勝ち点を考えれば問題ないでしょう。

個人的にはまだまだチーム状態が良いとは思えませんが
とりあえず、ここできちんと勝ったことで柏戦の負けは取り返せたかなと。
次はミッドウィークに鬼門味スタではない国立でのFC東京戦。
ここでさくっと勝って勢いに乗りたいところです。

そうそう、テセは地味に累積で次節の浦和戦に出れませんが
(浦和戦は次々節だった・・・てへっ)
まあ、なんとかっていう新外人が活躍しちゃえばいいんじゃないかな?w


FC2ブログランキング
↑応援よろしくお願いします♪(別窓で開きます)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oksana.blog45.fc2.com/tb.php/436-c9a7fb76








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。