スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ACL 準々決勝第1戦 アルカラマvsガンバ大阪(A) 

朝3:30に起きたら携帯にメールが58通来てました(あいさつ)

勝ったーーーーー!
約2ヶ月振りの勝利。
(まあ、先週ユースでお先に失礼しちゃったけどねw)
何だかんだ言っても勝利が一番気持ち良いですね。

さて、試合の方は前節と同じ4-4-2からのスタート。
前半早々にCKのこぼれ球を押し込まれ、失点したときは
「またか・・・」って頭を抱えた人は私を含め多いでしょう。
(山口がボールウォッチャーになってたのも軽くショック)

そんな中、前半から遠藤、二川が良いボールを供給していたし
(パスの出してにはあまりプレッシャーをかけてこないのも幸いしていた)
あとは決めるだけだったんですが、どーも最後のところの精度がイマイチ。
ロニーってあんなにシュート下手だっけ?

アルカラマは守備のチームとのことで
1点リードした前半10分辺りから時間を使う行為に(汗)。
攻撃もカウンター狙いでかなり引かれていたように思いました。
前半終了間際に遠藤の意表をつくFKで惜しいシーンがあるものの
相手GKの好セーブでこのまま0-1で折り返します。

後半早々からガンバが攻撃の圧力を増すものの
ゴールネットを揺らすことが出来ず、徐々に膠着状態になっていきます。
そこで下平、ロニー→山崎、播戸と交代し、3-5-2へシフト。
二川がバテ始めてからは途中で交代した山崎、播戸が頑張って
攻撃の圧力を戻せたのは良かったです。

ここんとこストライカーらしいストライカーを見ていなかったので
播戸のように常にDFにプレッシャーをかけ続けてくれるのを見ていると
ちょっと新鮮な気分になります。
オフサイドも取り始めてますし、徐々にコンディションは
上がっているんじゃないでしょうかねw

この交代(というかフォーメーション変更)が
普段からガンバに親しんでいないアルカラマを混乱させ
後半25分、遠藤のCK→山口のヘッドというホットラインで1-1の同点。
このどん底でも山口の同点ゴールでいける気がしたのは
ここんとこ、追いつかれたり、リードされっ放しの展開が多かったからかな?

その6分後には仕掛けた山崎の前にルーズボールが転がり込み
GKとの1対1を落ち着いて決めて2-1の逆転。

その後はボールをポゼッションして特に危なげなく2-1でクローズ。
これで西野監督も少し自信を取り戻してくれればいいんですが。
ただ、2ヶ月振りの勝利とは言っても
守備陣はもう少し頑張りましょう・・・怖くて見てらんないよ。

FC2ブログランキング
↑応援よろしくお願いします♪(別窓で開きます)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oksana.blog45.fc2.com/tb.php/458-c1ac26da








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。