スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

第30節 清水エスパルスvsガンバ大阪(A) 

長谷川健太のしゃべり方が嫌いです(大きなお世話)

・ACLの大一番を終え、リーグへの切り替え
・中3日と中1週間のコンディションの差

と、意外とポロっと負ける要因があり
あまり勝っているイメージのない東海アウェイ。
(しかも、最近の清水は調子が良いし)

そんな不安な気持ちを抱きつつ…
スタメンはバンパン2TOPの4-4-2。
累積で出場停止の遠藤に代わってルーカスが2列目。
何だかんだ言っても個人的に2TOPの片方は
ロニーの方が良いと思うんですよね。
不調でもロニーなら播戸の駆け引きをうまく使えるイメージがありますが
山崎だと、播戸の不調をそのまま引きずってしまうように思えます。
というか、播戸が取れって話ですけれども…

前半はガンバが押し込む時間が長かったですが
前線に迫力はないし、何となく繋いでいるだけという悪いガンバ。
サイドも数的優位を作られた状態で守られ、苦し紛れのワロスの連続。
こんなときにセットプレーから山口のヘディングなどで先制できれば
もうちょっとマシになるんでしょうけど、淡白な守備からあっさり失点。
ポゼッションはしてるものの決定機は清水側に
可能性を感じるシーン多かったので、「ついにやられたか…」という感じ。

後半頭に不調の播戸やルーカスを変えると思いきやそのままスタート。
で、中途半端に前がかったところで、あっさりカウンターで2失点。
しかし、この試合の山口のザルっぷりは・・・orz

さすがにこのまま終わるわけにはいかないので
まずはルーカス→佐々木と投入するも
バンパンとの交代がロニーとミネイロって…
ロニーはともかく、バンパンのどちらかを残さず
残り30分もある状況でミネイロは無いでしょ。

佐々木が孤軍奮闘して可能性のあるクロスを上げても
誰も反応しない悲しい状況。
結局、ロニーが最後の意地を見せて
1点返すもののそのまま1-3で試合終了。

鹿島が負けたことで勝ち点差6のままながら
ACL出場資格のトップ3も赤に限りなく近い黄色信号。
リーグは厳しいながら上位3連戦に勝って、なんとか望みをつなげたい。

パルちゃん、ACLは頑張って獲るよ…

FC2ブログランキング
↑応援よろしくお願いします♪(別窓で開きます)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oksana.blog45.fc2.com/tb.php/469-7c974631








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。