スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

天皇杯準決勝 横浜F・マリノスvsガンバ大阪 

横浜市民としてはマリサポだらけの帰り道はちょっと気まずいw

ガンバVSFマリノス国立競技場(観客数:19,843人)
横浜Fマリノス 0-1 ガンバ大阪
            116分 山崎


満身創痍とはまさにこのこと。
名古屋戦前半のガンバとマリノス戦のガンバだったら
多分前半だけで4-0くらいにされてそうな差があった。
判断力、走力ともにメタメタ。
なんとか動けていたのは明神、橋本くらいだったんじゃないかな?
0-0ながら前半でブーイングが出てもおかしくない内容だった。

試合内容もゴール裏(少なくともうちらの周辺は)も寒い感じだったけど
後半からサポもちょっとスイッチが入り
試合も清水が退場になってから、途中交代の倉田が頑張っていたこともあって
かなり押し込めるようになってきた。

倉田と代わった遠藤はあまりの内容の悪さにFKを1本蹴ったけれども
あの西野監督が途中で代えたことでわかるようにかなり限界。
武井キュンにおぶられていたのは半分ふざけていたのかもしれないが
ちょっと映像を見た感じでは足を引き摺っていたようにも。

そんな試合でも途中まで全く輝いていなかった
寺田のドリブルから山崎が素晴らしいオフザボールの動きで
叩き込みそのまま勝利。
116分、溜まっていただけにその喜びも一入。
山崎は本当に苦しいときにやってくれる男だ。
(播戸はゴール以外はいいんだけどねえw)

決勝はどうなるかわからないけれども
勝っても負けてもあと1試合。
対戦相手は石崎監督の有終の美のために一致団結している柏。
ガンバは二川、佐々木を怪我で欠き、遠藤もどうなるかわからない状況で
戦力的にはかなり下がる。

ん?これは2006年シーズン(2007年元旦)の
浦和との決勝のシチュエーションにしているではないか。
宮本を送り出すために、一致団結していたガンバが
圧倒するものの、実質1.5軍の浦和の一撃で撃沈。

・・・これは勝ったなw

しかし、天皇杯の決勝で理論上
ゼロックス、ナビスコ決勝の2試合以外の61試合を
すべて消化することになったガンバ。
J1の強豪としては61/63試合=96.8%の消化率w
超厳密に入れ替え戦の2試合を入れても
(まあ理論上とは言ってもCWC出るチームが入れ替え戦ってのもねえ)
61/65試合=93.8%ってアホか・・・

そういや東北アジア4カ国クラブサッカー大会(仮称)なんてのの残骸で
仁川F.Cと親善試合もあったな・・・

FC2ブログランキング
↑応援よろしくお願いします♪(別窓で開きます)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oksana.blog45.fc2.com/tb.php/488-a33ca112








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。