スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

天皇杯決勝 ガンバ大阪vs柏レイソル 

新年明けましておめでとうございます。
国家斉唱のときくらいゲーフラ下げようぜ。(あいさつ)

日テレベレ-ザの娘たちはかわええのぉ。
「カンピオーネ、カンピオーネ、アレアレアレ~♪」って歌ったら
「ガンバ、ガンバ、大阪ガンバ」(ちょっとリズムが怪しい。新チャント?w)で
返してくれました。

天皇杯決勝 ガンバ大阪vs柏レイソル国立競技場(観客数:44,066人)
ガンバ大阪 1-0 柏レイソル
116分 播戸


もうこりゃ執念だね。
ここ数年、「気持ちが見えてこない」とか散々言ってきたけど
世界のトップクラスの選手がサボらずハードワークするマンUと直接対戦して
世界の良く知らないけど、めちゃくちゃ上手いチームを見て
またそこの舞台に立ちたいって気持ちは本物だったと思う。
石崎監督を送り出すために一致団結する柏に対して
再度世界のレベルで挑戦したいと思ったガンバのモチベーションが超えた。
日本のサッカーも国内でどうこうというレベルを超えつつあるのかと。
その筆頭にガンバがあげられているのはちょっとうれしいよね。

スタミナが落ちる後半に照準をあわせフランサと李忠成を投入してきた柏。
チーム一丸となってハードワークをするのが柏の長所ではあるんだけれども
フランサにはその長所を消すデメリット(特に守備面)と
それを超越した存在感がある諸刃の剣なんだよね。
その効果が随所に見られるものの、ポゼッションをするには
随分やり易くなったのも事実。
スタミナ面でそれなりに柏の方が有利だったとは思うんですが
後半からのポゼッションで最終的にはイーブンまで持ってこれたのかな。

満身創痍で誰からぶっ倒れるかわからなかったので
交代のカードを切れなかったことも延長戦を有利に進められました。
まあ、これは結果論でしかないんだけれども。

お互いのGKがナイスセーブを連発し、締まった試合展開になりましたが
延長後半から「ヒーローになってこい」と送り出された播戸の
本当に長い間待った念願のゴールで勝利。
いやー、本当に長かった。

ゴールの後は何がなんだかw
(というか、ネットが揺れたとこ以外、記憶が無いw)
号泣する者もみくちゃにされる者・・・
まあ、ゴル裏は大変なことになってましたw

しかし、ゴール後、播戸が西野監督に突撃していったときの
西野監督のちょっと腰が引けてる顔がちょっとワロタw
(試合後、西野監督も播戸も目が真っ赤だったね)
とりあえず、ガンバ大阪としても西野監督としても
国内3大主要タイトル(リーグ、ナビスコ、天皇杯)を獲り
さらに国内ではゼロック杯、国際大会ではパンパシ、ACLもか。
あと取ってないのはFCWCとスル銀、A3くらい。
スル銀とA3は今後あるかは知らんけどw

天皇杯優勝!
しかし、何よりこれで来シーズンもACLに挑戦できる。
「過密日程が・・・犬害と眼鏡出っ歯はして!」とか言ってるのが目に浮かぶなw

FC2ブログランキング
↑応援よろしくお願いします♪(別窓で開きます)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oksana.blog45.fc2.com/tb.php/490-3e49daa6








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。