スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ガンバ系ブロガーが選ぶ2008年ガンバ大阪ベストマッチ 

自分でタカギさんを煽っておいて、このタイミングで投稿ってのもなんですが
サクサクっといってみましょう。
締め切りは2/21までらしいので、投稿する方はお早めに。
詳細はAOQLOPEOPLEポータルの下記リンクを参照してくださいな。
ガンバ系ブロガーが選ぶ2008年ガンバ大阪ベストマッチ

■関連リンク
ガンバ系ブロガーが選ぶ2008年ガンバ大阪MVP

さてさて本題。
ざっと思い入れがあるものとしては
(1)ACL準決勝第2戦 浦和レッズ戦(A)
(2)ACL決勝第2戦 アデレード・ユナイテッド戦(A)
(3)CWC マンチェスター・ユナイテッド戦
(4)天皇杯決勝 柏レイソル戦
の4試合。
パンパシもある意味印象的だったのですが
プレシーズンマッチということでとりあえず除外w
んで、昨シーズン(2007年シーズン)の選考基準として
・現地観戦していること
・勝利試合
・重要な位置付けの試合
・ガンバらしい
ということを勝手に条件にしましたので
今年もそれをベースに考えたいと思います。

まず実力差はあったもののやはり負けているということを考えると
残念ながら(3)マンU戦は除外。
(2)は重要すぎる試合ながら第1戦で圧倒的有利な状況になっていたので
気持ち的には微妙かなあ。
試合の印象という意味で一番大きいのは(1)なんですが
私はベストマッチとして1試合だけではなく
これからのガンバにとってという意味でも大きかった(4)の
「天皇杯決勝 柏レイソル戦」
を選びたいと思います。

延長戦後半やっと(not遠藤)の得点で1-0という渋い試合だったので
1発殴られて3発返すような大逆転とか大量得点のような
ガンバのイメージとはかけ離れた試合のようにも思えます。
しかし、遠藤本(自然体(遠藤保仁))にも書いてあったように
「やられそうで、やられる」というガンバの負のイメージを払拭した
「やられそうで、やられないガンバ」という新しい
ガンバらしさのスタートだったのではないかと期待しています。

また天皇杯で優勝したことは当然次のACL(CWC)の挑戦権を
持つことが出来たのも大きいことですが
浦和と同じ轍を踏まないためにも非常に重要だったと思います。
07シーズンに日本勢初のACL優勝したものの
天皇杯を早々に負けていたことで、ACミランと戦ったことや
CWC3位となった経験が活かされること無くシーズンが終わっています。
ガンバはそのあとに天皇杯という世界へ繋がっている
国内のステージがまだあった訳で
「また世界へ挑戦しよう」
「世界のレベルを見たのだから、国内であっさり負ける訳にはいかない」
というモチベーションと自信に繋がったのだと思います。
(逆に浦和はCWC3位という結果だけしか残らなかった)

とにかくこの天皇杯優勝で世界レベルに近づけたかどうかは
09シーズンで明らかになるでしょう。
そんな試金石となった天皇杯決勝を私のベストマッチとしたいと思います。

FC2ブログランキング
↑応援よろしくお願いします♪(別窓で開きます)
[ 2009/02/12 17:48 ] サッカー/ガンバ大阪 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oksana.blog45.fc2.com/tb.php/496-99c6ae55








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。