スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ガンバ系ブロガーが選ぶ2008年ガンバ大阪MVP 

前のベストマッチで「浦和と同じ轍を踏まない」とか
書いておきながらあっさりTM4連敗・・・あんまり不安にさせんなよ(あいさつ)

ベストマッチ、MVPともに締め切りは2/21ですので、投稿する方は急げー。
詳細はAOQLOPEOPLEポータルの下記リンクを参照してくださいな。

■関連リンク
ガンバ系ブロガーが選ぶ2008年ガンバ大阪MVP
ガンバ系ブロガーが選ぶ2008年ガンバ大阪ベストマッチ

えーと、私のMVPは中澤聡太です。
理由は単純明快。
福元、ヘタレ水本という世代別代表主将の加入という
厳しい条件の中、完全移籍を決意し、スタメンに定着するという
シーズン前の期待を良い意味で裏切ってくれたから。
今年も高木、パクドンの加入で厳しい一年になると思いますが
昨年同様頑張って欲しいところです。

さて、どちらかというと私にとってはこっちが本題。
私の影MVPというかMIPを発表したいと思います。
それはCWC マンU戦にいた「見知らぬ観客さん」です。
TVで見ていた人は映っていなかったのでわからないと思うのですが
現地にいた人は「あー、あれね」って感じだと思います。

CWC準決勝マンチェスターユナイテッド戦の前半
ご存知のようにこちらのチャンスらしいチャンスは
播戸がファンデルサールに防がれた1本くらい。
中盤でボールを持たせてもらえるものの
要所要所では個々の能力の差を見せ付けられ、CKすら取れない状況。
一方マンUは前半ロスタイムのC.ロナウドのゴールを含む
セットプレーから省エネながら2得点。

ハーフタイムでは、パッと見は良い勝負に見えなくないけど
「世界トップとの差ってこんなもんだよな・・・」
「このまま試合が終わるのかな・・・」
という空気がガンバのゴール裏に広がってました。
そんな真剣勝負からお祭に変わろうとしていた瞬間
スタジアムのスクリーンに映し出された1枚のメッセージボード。


「サッカーは何が起こるかわからない」

その一文は誰もが試合前に当り前のように思っていたこと。
でも、45分経ってちょっと忘れかけようとしていたこと。
一瞬のざわつきの後
「俺らが諦めてどうするんだ」
「まだまだ半分。これからじゃないか」
そんな声があちらこちらから聞こえ
息を吹き返したゴール裏は選手を後押しするように声を枯らした。
その後、どうなったかはご存知の通り。
(一時、一点差まで盛り返すもガンバらしく3-5で散った)

その人はメインだかバクスタだかの2階席のようにも見えましたし
普段からガンバを応援している人かどうかもわかりません。
でも、私はあの一文があったからこそ
ガンバらしく散れたのかなあと今でも思っています。
ハーフタイムの気持ちのまま試合終了していたら
きっと悔いても悔い切れなかったでしょう。

そんなどこの誰だか知らないメッセージボードをあげていた人
(と、それをタイミング良く映してくれたカメラマン)に
個人的、影のMVPを差し上げたいと思います。

FC2ブログランキング
↑応援よろしくお願いします♪(別窓で開きます)
[ 2009/02/19 19:33 ] サッカー/ガンバ大阪 | TB(0) | CM(3)

同じく。

こんにちには。
いつも楽しみに見させていただいてます。

マンU戦、私も見に行ってたのであのボードがスクリーンに映し出されたのはとても印象に残ってます。
確か小学生くらいの男の子が掲げてたと思うんです・・・たぶん。
あれで会場も拍手で湧きましたよね。
どんよりしかけた自分も、元気でたな~
[ 2009/02/19 20:47 ] [ 編集 ]

見ました!

私も見ましたよ!
確か少年でしたよね。私はマンUのゴール裏にいて周りは赤いユニのひとばっかりだったんですが、それ見て皆、拍手してました!
すごく、元気でたのを覚えてます!
ハッシーのシュートが決まった後はマンU側の人も皆、ガンバのチャントに合わせて手拍子してました!ホントに素敵な試合でしたね! 
[ 2009/02/19 21:31 ] [ 編集 ]

やはりインパクトがありましたか。

>さわこさん
こんな僻地ブログを愛読していただいてありがとうございます。
あの瞬間、会場の雰囲気が変わりましたよね。
唯一心残りなのが、TVに映ってなかったことです。
現地に来れなかった人にもあの雰囲気を味わって欲しかったです。

>峰子さん
やはり少年でしたか。
確かにマンU戦は夢のような時間でした。
しかし、最終ゴールは世界のトップと対等になるところ。
長く険しい道ではありますが
「夢のような試合→悔しい試合→トップと肩を並べる」
というところまでサポーターも頑張らなくては
いけないですね。。。
[ 2009/02/20 15:01 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oksana.blog45.fc2.com/tb.php/497-4fbab22f








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。