スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

第2節 ガンバ大阪vsジュビロ磐田(H) 

山形戦で鍋島の「もうやめようよ・・・」という顔を見た(あいさつ)

明神、寺田が軽傷っぽいものの離脱。
昨シーズンの疲労累積もあってか、早くも野戦病院化。

そんな中スタメンはチョジェジン、レアンドロの2トップに
2列目のルーカス、佐々木。ボランチには遠藤、橋本が入り
最終ラインは左、下平、右、安田で真ん中が山口、パクドン。

FCソウル戦のメンバーを見ないとなんとも言えないけど
CBは山口を軸にラインコントロールで前線を無効化しやすい
ACLでの外国勢との試合は中澤。逆にある程度、ラインの裏を狙われる
国内ではフィジカルで押さえ込みたいので試合はパクドンなのかなと。

また特筆すべきはルーキーの大塚がベンチ入り。
ユースの時代の高校1年から3年間の成長を見ているだけに思い入れもあるし
西野監督じゃないけど「大塚は大迫以上」だと思っているので、正直嬉しいですね。
(最後のは大迫越えとして決めとけよw)
鹿サポは「俺らの大塚」とか言ってるみたいですが
ヤツはドSっぽいので「鹿島が好きっす」とか言いながら鹿狩っちゃうかもよw

んで、試合の方はと言うと漂う内容のイマイチ感。
磐田が引き気味でスペースが無いというのもあったと思うんですが
右の安田と佐々木は物凄く窮屈そうで、前への推進力も無くなんかイマイチ。
(バランスを重視したのか守備はボチボチだったけど)
左の下平は相変わらず中途半端な位置取りで裏を取られるのはもはや仕様。
失点のPKもファールは山口が犯したものの、7割は下平のミスだと思います。
サイドで起点が作れていないので真ん中でボールを持っても
いつもに増して狭いとこというか数的に不利な状況が多かったように思えます。

なんか負け試合みたいな書き方になってしまったけど
一応これでも4-1で勝ったんですよね・・・
パクドンの空中戦の強さは千葉戦でも証明済みですけど
得点シーンの上半身だけでねじ込んで、枠に飛ばすあの強さは反則w
遠藤も「逆に普通のPKは打てない」なんて何かで言ってましたが
普通のPKも上手いではないか。
レアンドロもなんだかんだで3戦3発・・・これはアラウ神ペース。
セットプレー、GKのミス、PK2本と内容が悪くても勝てる強さを得たのかな?
何か強豪っぽいじゃんかw

さてさて次のACLアウェイのFCソウルはサイド攻撃が結構強力っぽい。
↓開幕戦の全南ドラゴンズvsFCソウル(1-6のフルボッコ)
http://www.youtube.com/watch?v=cBS8mH9bK-k
http://www.youtube.com/watch?v=yUF78B722FY&feature=related

下平、安田の組み合わせは怖すぎるので
橋本を右に持っていって倉田か武井を抜擢?
それとも終盤のパクドンの右SBがFCソウル戦を想定した
シミュレーションなのか?

次のFCソウルに勝てば2位以内が早々に見えてくるので
この勢いのまま行って欲しいですね。

FC2ブログランキング
↑応援よろしくお願いします♪(別窓で開きます)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oksana.blog45.fc2.com/tb.php/505-55aaf60f








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。