スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

第12節 浦和レッズvsガンバ大阪(A) 

#タイトル、コピペをしくじってた・・・(汗)

豚インフルによる無観客試合他が怖くて、6/24の航空券が予約できません(あいさつ)

ガンバVSレッズ埼玉スタジアム2002(観客数:53,374人)
浦和レッズ 0-0 ガンバ大阪


なんだかんだ言っても埼スタはアジア最高のアウェイであって欲しいね。
まあ、5万を超える観衆が黙る瞬間が最高な訳だけどw
そんな大一番の一戦でしたが、ガンバさんはちょっとイマイチ。

試合開始から20分くらいまでの新しい浦和のスタイルに
慣れない時間帯は浦和の高くて早いプレスもあって
最終ライン際でドタバタすることも多く
どうも落ち着かない展開。
そんで、リズムが出始めた頃にレアンドロの負傷交代
と、試合は浦和にコントロールされていた感じは否めない。
とは言っても、それほど恐怖は感じなかったし
あんまり点を取られる感じはしなかった。
そして点が取れる感じもしなかったけどw
シュートが合わせて15本という数もそれを表しているのだろうと。
日本を代表するチーム同士の試合ですから部分部分は質の高いのですが
両チームあわせてシュートが15本は寂しすぎる。
仲間が「贅沢なイマイチ」と言っていましたが
そんな言葉がしっくりくるような試合でした。

ガンバのプランとしてはレアンドロのスピードを見せて
相手のDFラインが下がったところで
中盤を支配したかったのですが、レアンドロが負傷退場したことで
なかなか中盤がしっくりこなかった感じがします。

交代で入った播戸は守備はあまりしないし
ズルズル下がってくるし、一体何がしたいのか・・・
結果的にレアンドロの負傷で1枚少ない交代枠を
更に1枚無駄に使うことになったし。
(途中出場、途中交代で発憤した佐々木を見ろ)

一部の浦和サポさんは
「ガンバ相手にポゼッションしたぜー。」
とか
「シュートも倍打ったぜー。」
と喜んでおられるようだけど
パスサッカーの先駆者に言わせれば
試合をコントロールできるようになってからの上のステージが険しい。
試合をコントロールしたけど、勝てない試合をどれだけ見てきたことか・・・

相手側で目に付いたのは小山田。
良い選手だと思ったし、これからユース上がりの選手が
活躍すると思うと浦和サポはwktkしてるんじゃないかな、と。
ただ、ユースの先駆者に言わせれば
ユースが強くなってくるとすぐ走らなくなるから気をつけてねw
「代表って決め事が多いんすよ。ガンバだとパス回して好きにやればいいのにー」
なんてことをユースの世代別代表選手が言ってたとか言ってなかったとか・・・

しかし、小山田が良かったと言っても
正直ポンテがいなくて良かったなとは思いました。
エスクデロや小山田がポンテだったらスコアレスドローで
終わってなかったんじゃないかな?

試合内容としては(浦和にコントロールされて)腑に落ちないものの
引き分けは妥当。
とは言ってもやっぱり勝ちたかったし
何より浦和に試合をコントロールされるのは
気分が悪いので万博では、これがパスサッカーの真骨頂みたいなのを
見せて勝ってくれー。

FC2ブログランキング
↑応援よろしくお願いします♪

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://oksana.blog45.fc2.com/tb.php/518-cb21a97d








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。