スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

第14節 ガンバ大阪vsアルビレックス新潟(H) 

おひさしぶりぶり。
この間、昼間にテニスをしていたら高校生に間違えられた。(あいさつ)

レアンドロ、遠藤、明神が怪我で欠場、山口は累積による出場停止。
さらに橋本はA代表で2試合フル出場に近い状態で帰国。
二川、加地は怪我から復帰したもののどの程度できるかは未知数。
(試合勘や二川のスタミナ面)

山口の代役はパクドンではなく高木。
これは中澤を1stチョイスとしたときの組み合わせで、かな?
中盤はは倉田と橋本で、前に安田、佐々木を置いたボックス型。
最後にFWはルーカスとチョジェジンの4-4-2。

面子を見ればそれなりに豪華だし、控えも別にいつもより劣る感じもない。
しかし、試合の内容はどうももっさり。
3シーズン目を向かえ完全に新潟の中心選手となったマルシオに
エジミウソンの穴を十分以上埋めているペドロジュニオールはかなりの脅威。
なんだかんだ言って新潟は着実に力を付けてきているなあという感じ。

前半は結果以外の部分でも新潟ペース。
サイドで起点が作れ、特に右サイドから攻撃が活性化していたので
コーナーキックこそ多かったものの、ボックス内では枚数が足りないシーンが多く
シュートらしいシュートも撃ててない印象。
横の距離感はそんなに悪くはないと思ったんですが
縦の距離感が悪く、2列目の飛び出しや最終ラインのカバーなど
2人目、3人目の動きが少なかったように思いました。

後半に二川と播戸が入ってきて流れは随分良くなったのですが
最後の迫力がちょっと足りない。
レアンドロのような決めるオーラがどうもないんですよね。
二川はまだまだフィジカルコンディションが戻っていないように思えますが
視野の広さとか展開力はさすが。
早く90分できるようになってもらいたいです。
播戸は二川とセットだからか、比較的良かったような気がします。
裏への抜け出しやポストプレー、前線からの守備にファンブルへのアプローチと
播戸が本来やるべき仕事をこなしていたとは思います。(結果は別として)

矢野のシュートがアンラッキーなループシュートになったり
(そういや昨季開幕戦のバレーのゴールもあんなんだったなw)
ポストやバーに弾かれたりと運も無かったと思います。
結局前がかりになったところをマルシオにズドンと決められ0-2。
そのまま3試合無得点で試合終了。

アジア王者となった次の年の浦和を見ていれば
厳しい年になるのはある程度予想はしていたし
厳しいフィジカルコンディションから野戦病院状態になるのも想定の範囲内。
ただ、厳しいのはわかるんだけれども言い訳が許される面子では無いのも事実な訳で
その中で目標としていたリーグ優勝の文字が霞むのはなんとも・・・
もちろんまだ可能性はあるし、あきらめる訳ではないんだが
この体たらくでは口にするのもおこがましい。
優勝争いと言える位置でらしいサッカーをするまでは
リーグ戦では優勝の2文字は封印します。
まずは6/24のACLに集中。

そのACLラウンド16ですが、憲剛が熱を出したりと
訳ありながらも6/24に向けて主力を温存した感の強いフロンターレ。
ベストメンバー規定とかくだらないことをどうこう言うつもりは無いけれども
昨年、ガンバはどんな厳しい状況の中でも勝つという力を身に付けたはず。
そいう理由からもフロンターレに負ける訳にはいかないでしょ。

24日は私もフロンタサポと同じルートで大阪に行きますよー。
(目的は真逆だけどw)

FC2ブログランキング
↑応援よろしくお願いします♪

第13節 ガンバ大阪vs鹿島アントラーズ(H) 

「日曜日は惜しかったね。」と、友人に言われましたが
いやー、正直完敗。
惜しいってとこまでいってなかったと思います。
アンラッキーな形とは言え、狡猾に点を取って勝ち点を
積み上げられる強さが鹿島にはありました。
さすがは2連覇してる国内王者だわ。
これがACLだったらきっとこんなに強く感じないんだろうけど
(あっさりFCソウルとかに負けそうな気もするし)
続けてもう1試合やっても勝てる確率はかなり低いんじゃないかな?
それくらい強かった。

浦和戦で痛めたレアンドロだけでなく山崎、寺田もFCソウル戦で
軽傷ながら痛めておりこの試合は欠場。
代わりに白羽の矢を立てられた
宇佐美も(贔屓目には)悪くはなかったとは思うけれども
連携不足と運動量不足で前線が活性化せず
リズムが掴みきれなかった前半に思えました。

後半は宇佐美を安田に代え、前からアグレッシブに前へ前へ
圧力をかけるも、鹿島の守備陣を決定的に崩すことができずに
2試合続けて無得点で負け。
守備陣よりも点を取れていないことの方が問題かな・・・

そうそう、主審の山西は流し目ですごく良かったと思いますよ。(たまには褒めるw)

個人的には鹿島、浦和はそれぞれ勝ち点4(4試合で勝ち点8)を
目標としていただけに、2試合で勝ち点1はちょっと厳しい。

逆にこのタイミングで中断はよかったのかも。
鹿島の安定感を目の当たりにしたことで
勝ち点9差はかなり大きな差に感じないと言ったら嘘になりますが
負傷者も復帰するだろうし、まだまだ半分。
ここでリフレッシュして追撃体勢を。

FC2ブログランキング
↑応援よろしくお願いします♪

ACLグループリーグ第6戦 ガンバ大阪vsFCソウル(H) 

すでに5戦全勝で1位抜けが確定しているガンバと
最低で引き分けが必要な上、山東魯能の結果如何にかかっているFCソウル。
韓国代表7名を擁するFCソウルとガンバのサテ組では下手すれば
ホームアドバンテージがあっても虐殺ショーになる可能性も覚悟していた。
サテ組中心のメンバーはこれ。

____播戸______山崎____
_宇佐美__________寺田_
____倉田_____武井_____
安田__高木__中澤__パク
_________松代_________

虐殺も覚悟なんて書いたけれど改めて見てみると
普通にJ1で降格しないくらいのメンバー。

最終ラインに日韓代表クラスが3人いる上に
中澤、松代もガンバのレギュラーレベル。
(日韓代表クラスの3人の方がスタメンじゃないってのも皮肉な話)
さすがにガンバが誇るトップの中盤よりは見劣りするけど
J2やJ1下位から見れば垂涎の的。
FWだってここ最近評判が悪いと言っても
欲しいチームは多いと思われる播戸にACL男、山崎。
これだけの面子が控えで加地が・・・二川が・・・って言ったら贅沢だわなw

二川、加地が戦線離脱してようやく空いた
ベンチの1席を競っている寺田、倉田、武井だが
危機感が出てきたのか、気持ちを前面に押し出してハードワークしていたし
随所に良いプレーもあって、良かったんじゃないでしょうか。
西野監督が90分代えなかったというのには
そういうメッセージがあると思いますし。
普段からサテでやっている面子というのも逆に良かったのかもしれませんね。

さて、多くの人が気になったと思われるガンバの至宝宇佐美ですが
走れなさっぷりや守備の駄目っぷりはユースの頃から変わらずなもののw
ボールを持ったときの期待感や早い振りとまだまだ華奢な身体からは
想像できないようなパンチ力のあるボールはトップでも健在。
(そして枠に飛ばすシュート精度もね)
また足元にピタっと収めて回転半径の小さな鋭いターンはいつ見ても凄い。
前半はずっと吐きそうな顔をしていてw、動きも固かったけれど
橋本だかにアドバイスを受けたからか、後半はらしいプレーも多く
トドメに点まで取ってしまう始末w
相手はアジアトップクラスのガチなFCソウル。
やはり持っているものが違うんかね。
個人的にはアシストした倉田のプレーが良かったと思いますけど。

最終的には集中力を欠く形で2失点し、ACLの不敗記録は19でストップ。
先制していただけにせめて引き分けで不敗記録を続けたかったけれど
記録はいつか途切れるもの。
そんな記録よりも、ガンバの若手がこの試合を契機に
大きくはばたき記憶に残る試合となれば
ACLの不敗記録なんて安いものだと思います。

P.S
山東魯能はスリウィジャヤにあっさり負けたため、FCソウルが予選通過。
ラウンド16は鹿島と鹿の国で対戦。
山東は自業自得だと思うけど、結果的に鹿島もきつくなっちゃったねw

FC2ブログランキング
↑応援よろしくお願いします♪

第12節 浦和レッズvsガンバ大阪(A) 

#タイトル、コピペをしくじってた・・・(汗)

豚インフルによる無観客試合他が怖くて、6/24の航空券が予約できません(あいさつ)

ガンバVSレッズ埼玉スタジアム2002(観客数:53,374人)
浦和レッズ 0-0 ガンバ大阪


なんだかんだ言っても埼スタはアジア最高のアウェイであって欲しいね。
まあ、5万を超える観衆が黙る瞬間が最高な訳だけどw
そんな大一番の一戦でしたが、ガンバさんはちょっとイマイチ。

試合開始から20分くらいまでの新しい浦和のスタイルに
慣れない時間帯は浦和の高くて早いプレスもあって
最終ライン際でドタバタすることも多く
どうも落ち着かない展開。
そんで、リズムが出始めた頃にレアンドロの負傷交代
と、試合は浦和にコントロールされていた感じは否めない。
とは言っても、それほど恐怖は感じなかったし
あんまり点を取られる感じはしなかった。
そして点が取れる感じもしなかったけどw
シュートが合わせて15本という数もそれを表しているのだろうと。
日本を代表するチーム同士の試合ですから部分部分は質の高いのですが
両チームあわせてシュートが15本は寂しすぎる。
仲間が「贅沢なイマイチ」と言っていましたが
そんな言葉がしっくりくるような試合でした。

ガンバのプランとしてはレアンドロのスピードを見せて
相手のDFラインが下がったところで
中盤を支配したかったのですが、レアンドロが負傷退場したことで
なかなか中盤がしっくりこなかった感じがします。

交代で入った播戸は守備はあまりしないし
ズルズル下がってくるし、一体何がしたいのか・・・
結果的にレアンドロの負傷で1枚少ない交代枠を
更に1枚無駄に使うことになったし。
(途中出場、途中交代で発憤した佐々木を見ろ)

一部の浦和サポさんは
「ガンバ相手にポゼッションしたぜー。」
とか
「シュートも倍打ったぜー。」
と喜んでおられるようだけど
パスサッカーの先駆者に言わせれば
試合をコントロールできるようになってからの上のステージが険しい。
試合をコントロールしたけど、勝てない試合をどれだけ見てきたことか・・・

相手側で目に付いたのは小山田。
良い選手だと思ったし、これからユース上がりの選手が
活躍すると思うと浦和サポはwktkしてるんじゃないかな、と。
ただ、ユースの先駆者に言わせれば
ユースが強くなってくるとすぐ走らなくなるから気をつけてねw
「代表って決め事が多いんすよ。ガンバだとパス回して好きにやればいいのにー」
なんてことをユースの世代別代表選手が言ってたとか言ってなかったとか・・・

しかし、小山田が良かったと言っても
正直ポンテがいなくて良かったなとは思いました。
エスクデロや小山田がポンテだったらスコアレスドローで
終わってなかったんじゃないかな?

試合内容としては(浦和にコントロールされて)腑に落ちないものの
引き分けは妥当。
とは言ってもやっぱり勝ちたかったし
何より浦和に試合をコントロールされるのは
気分が悪いので万博では、これがパスサッカーの真骨頂みたいなのを
見せて勝ってくれー。

FC2ブログランキング
↑応援よろしくお願いします♪

第11節 ガンバ大阪vs柏レイソル(H)  

画像を保存しているサーバーのパスが勝手に変わっとる…(ぼやき)

5月の連戦最後となる柏戦。
ACLの後は弱いというジンクスを払拭するためにも
鹿島や浦和に離されないためにもきっちと勝ち点を拾いたかった試合。

いやー、めずらしくスッキリと勝ってくれましたw

この試合のMOMは1ゴール2アシストの働きをした佐々木。
シュート意識に枠へ飛ばす能力を考えれば
1ゴールはそれほど驚かないけれども
前々から中でもできる子と言っていたにもかかわらず
二川を彷彿させるスルーパス2本には恐れ入りました。
ダイレクトでファーに流し込めるレアンドロとチョジェジンの
ストライカーとしての能力もさすがだけど。

播戸も【ついでに】今期初ゴール。
リーグでは昨年3月30日以来か…長かったね、おめ。
でも、まだまだ足りないけどなw
あとゴール後、ファールした時は退場かと思ったw

倉田は個人的に良い顔をしていると思ってます。
プレーもそれなりに気持ちも入って頑張ってると思いますが
最後の最後で【惜しい】シュートというのは昨年からの課題。
そこが「惜しい」ままでは、現状を打破できないと思いますんで
もっともっと頑張って欲しいですね。

で、試合を振り返るとパッと見、ほぼ完璧なように見えましたが
柏の状態の悪さに助けられた部分も大きかったと思います。
前半の終わりの方や3-0の後など、ガンバの悪い意味での
余裕(無駄にコネコネパス回し)が出た展開でした。
柏の良さは若さ溢れる運動量とちょっと空気の読めない激しさで
本来ならばその時間帯はかなり押し込まれて
流れが変わる可能性もあったんでしょうが
この試合にはそれがありませんでした。
ACLの過密日程に近い条件でGWを戦っている
他チームと条件が揃ったという見方もできますが
それ以前のメンタル的な問題だったようにも思えます。

とにかくFWの2人は得点ランキング1,2位ですし
(そういや、JJのコンディションが上がってきてない?)
開幕戦以来の完封で今シーズン初のリーグ3連勝。
リーグは浦和に鹿島と夏前の山場。

ここで叩いて、中断前にきっちり差を詰めておきたいですね。

FC2ブログランキング
↑応援よろしくお願いします♪






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。